★気ままに自宅で映画観賞★

  映画感想+ちょっとした一言=気の向くままに綴っております。

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲

          f:id:chibigori:20191231124421j:plain

 

年末最後はあまり考えずちょっと笑おうかとこれをチョイスしました。2018年公開のシリーズ三作目。主演はローワン・アトキンソン。Mr.ビーンと言った方がはるかに解りやすいでしょうかね。一応名目上はスパイ・コメディ・アクションになり、冒頭などはM:Iか007を髣髴させてスリリングな雰囲気を漂わせてくれますが、捨てる寸前のパンツのゴムのようにローワンが出るや緊張も一気に緩みます。コメディだから致し方ないにしても、彼の真骨頂は台詞の無い演技に尽きると常々考えてる私にとって、なまじ言葉を発するシーンはどうしても面白味に欠けます。言い換えれば、それだけビーンの影響力が大きいとなるのかもしれません。未だにMr.ビーンなどは何度見ても笑っちゃいますからね。ただし、ビーンを知らない小さい子供が見れば、あのおじさん面白いと夢中になる映画だろうとは思いますけど。大人も多少笑えますが一度見れば十分かなと。

 

●ちょっとひとこと●
今年見た映画は本作を入れて136本。去年よりも3本減りましたが、一応目標となる100本はクリアなので良しとしましょう。また、読書は最後に百田の短編集である幸福な生活を読んで27冊。去年よりも一冊少なく読まれる方から見ればハナタレのような数字ですけどね。最後にご訪問、★を下さった皆様、誠にありがとうございました。