★気ままに自宅で映画観賞★

  あれこれ好き勝手に映画感想。カクヨムで小説や歌詞も書いてます。

プラチナデータ

          f:id:chibigori:20200329112432j:plain

 

読み終えたばかりの東野圭吾原作の映画を記憶がホットなうちに入手しました。話自体はやや難解とも受け取られる部分もあり、私の少ない脳HDDのメモリーに掛かったそこそこの負荷を、映画ではどう判り易く見せてくれるのか。それが2013年に公開された本作の注目点。加えて密かに楽しみにしていたのは、突如現れるワンピースの少女スズランは誰がやるのかでしたが、これは期待に反して名前すら出ず。残念です。もっとも原作を忠実に再現したなら、この二時間少々の時間でも恐らく描ききることは不可能だと安易に想像できます。出来ればこういうのを前編後編と見せてくれたらと思ったりするんですけどね。とは言え、映画単体で見ればミステリの謎めいた要素や緊迫感。さらには如何にも近代的な映像と、見応えは悪くありません。設定の変更などによる戸惑い、そして枠に収めるがために生じる物足りなさが強いて挙げる惜しまれる点でしょうか。主演の二宮のメガネ姿はインテリ風で、結構似合ってると思いました。

 

●ちょっとひとこと●
昨夜は仕事でお付き合いのある知人と天ぷら屋で一杯やって参りました。自粛ムードってわけじゃないんですが、考えたらその店を訪れるのは今年初めて。世間がこんな状態ですからね。たまにはカウンターの片隅で飲むのも良いんじゃないでしょうか。ビールを頼んでいつものコースはエビの足から始まって最後は天茶漬け。もちろん映画や車の話も摘まみの一つでしたよ。