★気ままに自宅で映画観賞★

 映画感想+ちょっとした雑談。素人小説書館現在連載中。

千と千尋の神隠し

          f:id:chibigori:20200703003933j:plain

 

2001年の公開時に劇場に足を運んだジブリ作品がこれ。実際のところ、見たくて堪らなかったわけでもなかったため、大きなスクリーンで映画を楽しむ以前に、周りの声や、にゅっと動く人の影などが気になって、集中度は映画6割といった感じでしたでしょうかね。その後、歴代興行収入第一位を記録した本作のDVDを購入。自宅で2~3度は見てるはずですが、さすがは第一位です。DVDと劇場公開版との色味が違うとひと騒動があったとか。全然気にもしてませんでしたけど。一言で言えば千尋・イン・ワンダーランドの世界でなるほどと理解するのは少々無理もありますかね。登場する世界にしても驚きを与えるキャラ達してもすべてがおとぎ話で納得させる間を与えずに、アッと思った頃には現実が待っている。だからなのか何回でも楽しめてしまうんでしょう。挿入歌の「いつも何度でも」のように。しばらくぶりに見て頭をちょっと柔軟にしてひと時の現実逃避を味わうには、打って付けのアニメじゃないかって思ったりしましたね。

 

●ちょっとひとこと●
前半なかなかスピードが上がらなかった夏樹静子のWの悲劇ですが、中盤に差し掛かる前辺りから徐々に読むペースもアップし、先週の日曜日にはなんとか読み終えることが出来ました。進行具合やその展開は自分好みでけっこう楽しめたという感じでした。ただ、漢語的表現などが多々登場するため、読み方や意味で辞書の出番も多く、そのたびに中断するのがつらかった。

 

f:id:chibigori:20200606080121j:plain 気温も上がり汗もかいたので発泡酒を飲ませてもらいました。