★気ままに自宅で映画観賞★

  あれこれ好き勝手に映画感想。カクヨムで小説や歌詞も書いてます。

浅草キッド

          f:id:chibigori:20211219051409j:plain

 

見ようか見まいか迷っていたのが、ビートたけしの自叙伝と歌を基に制作した本作。着想から7年かけて映像化したもので映画化は初となります。北野監督の映画はすべて見ているので流れで行くと見る方向なんですが、大泉洋がブレーキペダルに足を載せる。ファンの方には申し訳ないんですけどね。派手めな演技がどうもという感じでして。それでもAZMさんに背中を押してもらい視聴しました。ちなみに今回の脚本、監督は劇団ひとり。今後はこの路線で行くのではないかと思われるほどの才を発揮しています。全世界独占配信の本作は所謂師弟愛をテーマにしていますが、映像もきれいで浅草フランス座と共に、たけし本人の歌が映える。そんなたけしも幻の浅草芸人役で愛車ロールスにて登場します。見ていて驚いたのが、たけし役の柳楽優弥。それこそ派手さはないがしっくりくる。見てるとだんだん本人に見えてくるから不思議。良い映画でしたね。