★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

ロッキー5

イメージ 1


午前1本、午後一本。普通の日曜ではありえない見方。まさにこれぞ
冬休みですが、その午後に見たのは「ロッキー5」サブタイトルは、最後の
ドラマ。ただ、正直に申しますと4を見た後の5はちょっと気乗りが
しなかった。それはなんとなく展開が読めてしまったからです。

それは、また新たな強敵が出て体を作って対戦すると言ったシリーズ
ものの正月映画のようなストーリーで、おそらくそれをやったら終わりじゃ
ないかと言う不安もどこぞかにありましたけどね。いい意味でそれを5は
裏切ってくれた。はじめてロッキーを見た時のあの感覚に戻ったような
気分にもなりました。

イメージ 2

チャンプになった栄光もロッキーでしょうが、あの頃と言うハングリーな
時代もロッキーには違いない。弟子と子供と主役は誰なのかって点も
映画を引き締めていて最後はちゃんとロッキーになる。
リングではなくストリートファイトに発展したのも大いに良かった。

見所がけっこうあって出来はシリーズの中でも良い方だと思いますね。
親子の絆、人との信頼関係。いろいろと伝えたい部分が感じ取れるのが
またいいですね。2が無ければこの5にワンダフルを付けたいくらいです。
シリーズも5作目になり映像も少し良くなったでしょうか。

イメージ 3

メリハリが効いてて個人的には楽しめた1990年公開のこの作品は、
シリーズに終止符を打つべく、第一作目の監督が招聘されたようですが、
興行的にはシリーズ最低と振るわず、ゴールデンラズベリー賞10部門中
7部門にノミネートされるなど結果的には散々だったようですね。

一方、ロッキーとストリートファイトしたトミー役のトミー・モリソンは本物の
ボクサーで当時ヘビー級の若手白人有望株だったそうです。ロッキー5の出演の3年後はWBOヘビー級タイトルを獲得。そうなるとロッキーは
むしろ彼の方かもしれませんね。