★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

スパイ・レジェンド

イメージ 1


午後の映画は「スパイ・レジェンド」です。The November Man。
正式なタイトルは11月の男。正直、このタイトルはパッとしない。
主役が007の5代目ジェームス・ボンド役のビアース・ブロスナン。
と来れば、007の印象から伝説のスパイの方がしっくりきますね。

ピーター・デヴェローは、かつてはCIAに所属するケースオフィサーで、
ノベンバー・マンというコードネームを轟かせていた。
彼は現在、スイスで静かな隠遁生活を送っていたが、
過去に愛した元同僚のナタリアの命が危険に晒されていることを知る。

イメージ 2

2014年のアメリカ映画になります。作品の中でも老けたなぁとの
やり取りがありますけど、ブロスナンもだいぶ渋くなりましたね。
もっとも彼の場合はもともとカッコいいので歳を重ねても二枚目。
同じ人間に生まれてもこうも差があるかとつい思ったりもしますね。

007やミッション:インポッシブルのようなスパイ映画も、シリーズもの
ならではの面白さがありますが、こういった単発作品もありですね。
さすがに人気シリーズの痛快アクションってわけにはいきませんが、
かつての007を思い起こさせるスパイの雰囲気は未だ十分です。

イメージ 3

上司と部下にあたる人間関係が私にとっての見所だったでしょうかね。
話の展開なども悪くはないと思いますが、個人的にはもうちょっと
カーアクションが欲しい所。それとロシアのやり手の女殺し屋が、
かなり存在感があったので、もっと見せて欲しかった気もしますね。

ハイテク機器を駆使する今時のスパイ映画とは一線を画し、
繰り返し見る映画には入らないかもしれませんが、007を夢中で
見てた方などは円熟味の増したブロスナンも見ておいても良いかと。
ちなみに声優は田中秀幸。二枚目に合う良い声を出しますね。