★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

サマーウォーズ

イメージ 1


人間、楽を覚えると忍耐力が弱くなりますね。と言う事で昨夜もリモコンを
ピッです。熱帯夜ではないので、かなり弱めにかけましたけど、あると
無いのとでは夏の場合、映画への入り込み度がだいぶ違ってきます。
今時期の深夜なら、ヘッドフォンですので窓全開って手もあるでしょうが。

今回は久々のアニメ。季節に相応しいタイトルで「サマーウォーズ
スターウォーズの後での語呂合わせを狙ったわけではありません。
2009年の細田守のアニメ作品となります。細田守は失礼ながら
あまりよく知らないのですが、その画風には見覚えがありますね。

イメージ 2

以前見た、時をかける少女おおかみこどもの雨と雪、最近ですと
近々見ようと思ってるバケモノの子などが彼の長編アニメになります。
時をかける少女と言えば、原田知世の映画を連想するわけですが、
同タイトルのアニメってどうなの。と思いましたけどなかなか良かった。

サマーウォーズ。言うなれば夏の陣ってところでしょうか。舞台は上田。
知り合いがいて以前何回かお邪魔したことがあります。自然も豊かで
おいしいソバもある。そんなことを思いめぐらせながら見ておりました。
とは言え、オープニングの数分間は思惑と違ってちょっと戸惑いました。

イメージ 3

らしからぬ絵と言いましょうか、はじめはCMか何かと勘違いするほどで、
一言で言えば退屈。この話が十分も続いたら瞼が重くなったでしょうね。
結局、この話も前振りのようなもので、(ネットの中の世界)本編との
関係もあるわけですが、要はここがウォーズとなる部分だと思われます。

内容が有るような無いような、淡々と進行していきますが、しばらくは
少々退屈な感じです。気持ちと映像が噛み合ってくるのは後半です。
アカウントとかアバターとか、パソコンやゲームでもやってない方には
分かりにくい話になるでしょうね。抱いていたイメージと違う映画でした。