★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還

イメージ 1


高温注意情報が発令されました。わが県では36,2℃。ヤバいです。
エアコンよーし!ソフトよーし!ハードよー・・・ハードは再起不能です。
仕方ない二号機で対応だ!と言う具合で二号機での三本目の視聴。
レコーダーはさほど使ってないんですが、もしもの時には重宝しますね。

午前中に次の一号機となるプレーヤーの支払いを済ませてきました。
従って週末にはセッティングも完了してすんなりと見られんじゃないかと。
ちょっと楽しみですね。念のため過去の記録を見たら使用は約3年。
少々早いような気もしますが、けっこう酷使してるので納得でしょうか。

イメージ 2

今回観たのは「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」です。
ルーク・スカイウォーカーを主人公とするシリーズ3部作の最終章。
1983年の映画で公開当時の副題はジェダイの復讐だったようです。
出演者はマーク・ハミルハリソン・フォードとお馴染みの顔ぶれ。

このオリジナル・トリロジーの三部作は6年の歳月が流れてますが、
わずか数週間で見られるのは、後から見た場合のメリットでしょうね。
お蔭で話が繋がり易くて助かります。あまり関心がなく、だいぶ見るのが
遅くなりましたが、着実にそして一歩ずつ最新作へと近づいております。

イメージ 3

ビデオの特別篇からDVD版。DVD版からブルーレイ版と、いくつもの
変更が行われてるようで、オリジナルを知ってるファンの方などは
より一層楽しめるかもしれませんね。画質向上なども図られてるので
時代の割には映像は綺麗ですし、サウンドも5,1で後ろから聞こえます。

この三部作を見ると確かにここで物語は終わると思わせる内容です。
格闘のシーンなどは今ではややお粗末にも見えなくはないですが、
最終章だけあってストーリーはドラマティックな仕上がりとなっている。
次はエピソード1。物語や映像の進化を比較しながら楽しみたいです。