★気ままに自宅で映画観賞★

  映画感想+ちょっとした一言=気の向くままに綴っております。

ランダウン

イメージ 1


引き続き草津の話をもう少し。夕食を食べた後は再び湯畑へと繰り出す。
ライトアップされた湯畑は幻想的で、昼間同様に人で賑わっていました。
これも連休ならではの光景でしょうね。一通り見た後は、居酒屋で一杯。
これも泊りならではです。泊った宿は湯畑から徒歩で10分程度の場所。

くさつのお宿清重館です。事前情報ではなかったのですが、ここの宿は
千と千尋の神隠しで、お湯の流れる音や、桶の転がる音などの収録で
使われたそうで、宮崎駿の色紙や新聞の記事などが掲示されていました。
時間によってすべてのお風呂が貸切に出来、夜には貸切を満喫です。

イメージ 2

収容人数も差ほど多くない宿なので、そんなことも可能なんでしょうが、
露天と内湯共に貸切に出来るのはちょっとした贅沢気分が味わえます。
温泉街から少し離れるので夜も静か。すべてに風情のある宿でしたね。
三連休は無いかもしれませんが、また来年どこかに出掛けたいですね。

いつもなら仕事とあって、通常の時間に起床してしまいました。とりわけ
予定もないので午前中から一本いきました。タイトルは「ランダウン」
2003年のアクション映画。主演はザ・ロックことドウェイン・ジョンソン
製作したのは、ザ・ロックが所属するプロレス団体のWWEだそうです。

イメージ 3

簡単に言えばお昼すぎにやるような映画で、今一つ感が強いですかね。
ロッキング・ザ・アマゾンと言うサブタイトルがあるようですが、DVD化で
外され、また地上波放送では付けられと、そんな曖昧さが映画にもある。
内容は単純で分かりやすい。とは言え、詰め込み感も災いしてますね。

舞台が変わると、もはやインディージョーンズの冒険もの。戦いになれば
ランボーと二流映画にありがちな展開。随所に出る笑いも笑えませんね。
ただ、前回の映画のような贅沢な部分もある。数秒程度の時間ですが、
シュワちゃんが登場。おまけに声は玄田哲章。イイね!をクリックしたい。