★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

ゲット スマート

イメージ 1


脚立の途中で木の枝を無理な姿勢で切っていたら、切れた拍子に鋸が
勢いよく右の親指のところにヒットしまして、直感的にやったなと思った。
すぐに手袋を取るとジワーッと、あとはご想像にお任せします。俗に言う
鋸で手を挽いたわけであります。通常そういった傷の場合は絆創膏。

もちろんその前に消毒となるのでしょうが、ちょいと古い年代の人ですと
まずは本能的に舐める。私もこの口です。ただ、今は水道水で洗うのが、
良いらしく、消毒などもしない方が良いみたいですね。さらに治りを早く
するには、絆創膏などではなくてラップで傷口を覆うのがいいのだとか。

イメージ 2

早速そのラップ療法とやらを試しております。このラップ療法は早く治る
メリットの他にもあるようなのでご参考程度に。ライターも満足に押せなく
なった親指にラップを巻いて見たのは2008年の「ゲット スマート」です。
スパイアクションとコメディが同居する二時間弱のアメリカ映画であります。

主演はスティーブ・カレル。例によってタイトルだけで借りたので初めは
何の映画なのかわからずで、次第にスパイ映画なのかと言う感じです。
ただ、本格的ではないのも早々にわかります。となればこのスティーブ・
カレルの立ち位置からして、お笑いの映画かと思うと見せる部分もある。

イメージ 3

凄いのか凄くないのか曖昧なカレルに対して、目を引くのはセクシーな
アン・ハサウェイアリス・イン・ワンダーランドでは女王を演じたとあって
綺麗ですし存在感があります。スティーブ・カレルとのツーショットでも、
7割は彼女を見てしまっているかもしれません。つい引き込まれそうです。

それとこれを借りた一番の理由は、画像のドウェインが出るからで、彼も
また良い存在感を出してます。アメリカン・ジョークと言いつつも、所々で
フッと笑えてしまうのはコメディならでは。それでいてアクションなど見ると
けっこう予算も掛かってるんじゃないかと思わせる出来です。楽しめます。