★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

マイ・インターン

イメージ 1


今日のお昼はハイウェイオアシスららん藤岡にあるそば処、紫葉庵に
久しぶりに出掛けてきました。道の駅の一角と書くと立ち食いそばの
延長のようなイメージをもたれるかもしれませんが、北海道産そば粉の
幻のそばとも言われる牡丹を使用した蕎麦は、とにかく喉越しが良い。

蕎麦好きのリピーターも多いのか、昼の時間帯に行くと並んで待っている
人も多く、しっかりとした腰と鼻に抜ける香りは何度となく私を引きつける。
映画同様、好みと言うものもあるので、この場合は香りと腰とのど越しの
バランスに長けている蕎麦と書いた方が伝わりやすいかもしれませんね。

イメージ 2

そんな喉越しの良い蕎麦のような映画が、帰宅後に見た2015年の
マイ・インターン」です。主演のロバート・デ・ニーロアン・ハサウェイ
と言うオスカー俳優が共演するコメディ人間ドラマで、意表を突いたかの
組み合わせが良い雰囲気を醸し出していて、滑らかに時間が経過します。

ニューヨークのファッション業界を舞台に、オンラインサイトの女社長として
働くアン・ハサウェイ演じるジュールズ。そんな会社にシニア・インターン
制度で採用された70際の老人ベン(ロバート・デ・ニーロ)がやってくる。
と言った出だしですが、これだけでも何かあるなと期待度もあがります。

イメージ 3

久々に見るデ・ニーロも良い感じでお年を召しましたね。演技や表情からも人生経験を積んだ味わいがにじみ出ていて、とにかく存在感があります。
対するアン・ハサウェイも吸い込まれるかの美貌とスタイルはお見事です。
とにかく何を着ていても絵になる。そんなファションもこの映画のポイント。

それと見ていて感じるのはその映像のクリアさでしょう。空気が澄んでる
かのような透明度を感じる。デ・ニーロの行くべきところがあるのは良い
ことだのセリフに、いつまでも歳をとっても活動的、そしてジェントルであれ
と言うメッセージを感じた。声優陣もマッチしていて楽しめる映画でしたね。