★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

サウスランド・テイルズ

イメージ 1


要望の車をオークションで購入して来たので、一度見に来ませんかと先週
電話がありまして、本日再び車屋に足を運びました。予算の提示はすでに
していたのですが、展示車両ではないため、具体的な金額は不明のまま。
とは言え、走行距離が少ないと言うので、予算内には収まらないと思った。

どの程度オーバーして、どの程度折り合えるのか。車を見ることも目的の
一つですが、メインとなるのはお金の話。あれこれと車を見た後、店内に
移動して見積書をもらう。予想した通りの金額でした。予算オーバーです。
こうなるとハンドルは要りませんからと言って少し安くしてもらいましょうか。

イメージ 2

車の話はまた後日として、帰宅後に見たのはドウェイン・ジョンソン主演の
サウスランド・テイルズ」です。こちらの作品もリクエストお取り寄せによる
映画になります。2006年のSFアクションですが、日本では公開にならず、
ビデオスルーになったようです。見てみるとなんとなくその理由もわかる。

2005年、テキサス州に核爆弾が投下され、第三次世界大戦が勃発する。
と言ったところまでの掴みは悪くないのですが、とにかく話が難解で困る。久しぶりにヒットした感じですね。見ていてさっぱりわからない映画。恐らく
私の頭のせいだとは思うのですが、1回、2回程度じゃ理解は不能です。

イメージ 3

それから3年後に新設された、アメリカ合衆国のUS認証と言う機関がまた
良くわからない。その要因の一つが目まぐるしく変わる展開がありますね。ドウェインの見事な肉体は相変わらずですが、立ち位置が微妙過ぎます。
暴れるわけでもなく、撃ち合うわけでもない。画面に引き寄せられません。

声優は小山力也でフィット感はありますが、グランドホテル方式とまでは
言わないまでも人気のある温泉宿のように、あれこれと人の出入りが多く、
ストーリーが見えてこない。そのため、つい眠気防止とばかりに停止させて
一服しに行ってしまう。とにかくタバコがはかどって仕方ない映画でした。