★気ままに自宅で映画観賞★

     映画の感想+αを気の向くままに綴っております。

アトミック・ブロンド

イメージ 1


最強の女スパイ、現る。そして、それを強調するかのジャケットはスパイ映画好きな者にとってはチャッチ―でもあるでしょうか。と言うことでまんまとレンタルしたわけですが、興味の矛先はどれだけ強いのか、そして派手なアクション等々でスカッと満喫させてくれるのかと、期待したわけです。鍛えられたかのボディライン、ポーカーな表情に包まれた怪しげな雰囲気はまさにスパイ。実際のところ、スパイにはあった事も見たこともないんですけどね。あくまで映画で知り得た情報だけで判断すると中々雰囲気は出てる気がします。戦いっぷりも悪くないし、スリリングな緊張感もまずまず。しかし、このキャラの存在にストーリーが雲隠れしてしまうのが少々残念なところ。2~3回見ればもっと判るのかもしれませんが、いかんせんスカッとしない。要はドラマが地味すぎるんじゃないかと勝手に思って、やや不完全燃焼です。

●ちょっとひとこと●

桜を切る馬鹿と言う言葉がありますが、一日仕事の午前中はその馬鹿をやりました。と言っても剪定ですけどね。低いところは脚立でしたけど、大半は木登りでの作業。職人と言うよりもサルです。一度、脚立と共に転倒したのは秘密です。