★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

続・激突!/カージャック

イメージ 1


今日は天気も良いはずだからと今年初のプールを楽しみにしていれば
朝からどんよりとした曇り。おまけに水に入りたくなる気温じゃない。
時間もまだ早いしと思ったものの、一向に気温も上がらず晴れ間も出ず。
仕方ない今日は中止だ。なんて映画を見はじめたら途中で晴れて来て。

行かないと決めて午後になっちゃえば、もう行くテンションは出ませんよ。
まったく初日からこの天気には参りますね。予報では明日、明後日と、
あまり期待できないようですけど、今日の逆バージョンも無いことも無い。
そんな細やかな願いを持って、午後に見た映画をお届けしましょう。

イメージ 2

スティーブン・スピルバーグ初の劇場作品で、実話に基づいた話と
テロップが出る「続・激突!/カージャック」1974年の映画であります。
激突をご存知の方はその続編かと思われるかもしれませんが、実際は
まったく関係なく、正式にはザ・シュガーランド・エクスプレスと言う題名。

そのままオリジナルタイトルでも良かったような気がするんですけどね。
ちょっとこの詐欺的な題名はいただけませんです。若干古い映画に
なりますので映像も時代を感じさせるものです。しかし、これがいい味に
なってると思います。古き良き時代のアメリカ。そんな雰囲気が出てる。

イメージ 3

バニシングIN60、あるいは激走5000キロのような匂いを感じられます。
ただし、カーアクションは多少はあるものの、どちらかと言えば控え目。
最近の映画はCGを駆使して派手にやりますからね。それゆえ、こういった
カーアクションは現実的にとらえることが出来る。おまけに実話ですから。

タイトル云々はありますけど、内容は決して悪くないです。これぞアメリカ。
見ていて感じたのはそんなフレーズでしょうか。日本では考えられない。
カージャックした側、された側。そしてそれを見守る側と、実に人間味が
あって後半になるほど見ている側も情が湧いてくる。切なくもなりますね。