★気ままに自宅で映画観賞★

  あれこれ好き勝手に映画感想。カクヨムでもあれこれ執筆活動中。

洋画

荒野の七人

オープニングのテーマが鳴り響いた瞬間、否応なしに気分が高揚。日本では1961年に公開された本作の原作は言わずと知れた「七人の侍」ですが、見た回数でいうとこちらの方が圧倒的。今は亡き名優とそれにピタリと合致する名声優たちの共演は娯楽西部劇の名に…

地下室のメロディー

1963年に公開された映画は有名なタイトルながらこれが初見で、モノクロの中に展開されるスリルをようやく堪能することが出来ました。聞き覚えのある音楽がまず耳に響きます。ストーリー自体はCGも無い時代ですので一言でシンプル。出来ればカラーでおまけに…

続・黄金の七人 レインボー作戦

前作のラストシーンからスタートする続編は、犯罪コメディとあって随所に御ふざけが登場しますが、今では大人よりも子供が笑いそうな感じです。ただ、子供と一緒に見ていると思わずチャンネルをどうしようかと悩む場面もあるので注意も必要です。特にこの強…

守護教師

日本では2019年に公開された韓国のアクションスリラー映画で、主演は個人的には韓国ナンバーワンに位置するマ・ドンソク。このジャケットからもわかるように顔も身体も厳つい。しかし、笑ったりすると凄く可愛らしいんですよね。このギャップがまた彼の魅力…

トロール

2022年の映画とあってデテールが素晴らしい。もう昭和のゴジラとは別物です。制作国はノルウェーとこの怪物同様にレアな感じがしますが、正体が不明というところがなんともファンタジーでワクワクさせてくれます。迫力も最新のCGがプラスされて圧倒的。とに…

ランボー ラスト・ブラッド

AZMさんの記事を見て視聴すべきか迷ったんですが、過去の作品を見ていることと、これが最後だということで見ることにしました。一言でいうなら最後の集大成というかもはや祭りでしょうか。とにかくラストは技のすべてを出し尽くすサービスぶり。それと新しい…

荒野のストレンジャー

イーストウッドの西部劇ですからタイトル自体はかなり前から知っていました。しかし、見るのは初となります。公開は1973年ともう50年も前でジャケットのクリント・イーストウッドが主演、そして監督も務めています。長年見られなかったことでけっこう期待も…

怒りの荒野

ジェンマも色男じゃが、それをかっさらうほどリー・ヴァン・クリーフは渋いのぉ~。モノ言わず立ってるだけで絵になる。ワシもこのくらいだったら世の女性たちの目線を集めただろうに、婆さん一人を騙すのがやっとじゃった。67年に公開になった映画は、なん…

太陽がいっぱい

この映画は吹き替え版のBDをポチろうかと数年リストに入ったままですが、今回の視聴は過去と同様の字幕スーパー。一度は野沢那智あたりで見たいものです。久しぶりに見たせいなのか、老化のせいなのか、大半を忘れているという事実に映画の犯罪以上に驚愕し…

フランケンシュタインの逆襲

パッと見て時代を感じさせるジャケットです。それもそのはず1957年公開ですから。それでも大晦日の映画と違ってカラーというのが凄い。もちろん画質も段違い。いわゆるこれは古典的ホラーで、正月早々の映画に相応しいかはともかくとして入門編と言っても良…

スキャナーズ

ハイ!またお会いしました。それにしても怖いジャケットです。一回見ただけで焼き付いてトイレ行けなくなります。ハイ、ただでさえ緩くなってますから一人で穿ける奴を見る前から穿いておいてください。映画は1981年公開され十年以上経ってからまたリバイバ…

ドラゴン怒りの鉄拳

かなり前に劇場に足を運んで見た作品でもあります。ブルース・リーの代表作でもある「燃えよドラゴン」の前年にあたる1972年に公開された本作は、個人的にはけっこう好きな一本でもあります。一部字幕スーパーながら今回は吹替で楽しむことが出来ました。さ…

チリ33人 ~希望の軌跡~

2010年に発生した事件を覚えている方も多いのではないでしょうか。コピアポ鉱山という名前までは忘れてしまっていても。まさに映画のようなドラマだったですね。それを題材に作られたのですが、一度見たいと思っていた映画です。日本での公開は2016年とのこ…

オーシャンズ・ウォー

2021年の本作は上映時間は89分とかなり短め。U-ボートにメッサーシュミット等々、役者は揃っているものの、B級は隠せない。ジャケットの画像などはもう最高なんですけどね。一応、史実に基づいたというテロップが出るので、悪い話じゃないのかもしれません。…

キングコング(1976)

ハイ!またお会いしました。今日は何度もリメイクされてるゴリラが主人公なんですね。ゴリラ言っても動物園で見る大きさと違います。ハイ!とてつもなく大きいです。何を食べたらあのくらい育つのか不思議ですね~。オリジナルはモノクロでした。衝撃を受け…

小さな恋のメロディ

公開は1971年ですからもう50年も前になるんですね。少年少女の恋を甘酸っぱく描いた本作は何度か見ておりますが、見るほどに若き二人の心情が伺えるようで、見ている側もつい遠い昔を思いだします。さすがにこんな淡い恋を経験したことはないので、この二人…

トップガン

最新作に伴い1986年公開の本作も再び脚光を浴びているとか。それでTVを新調したことでせっかくならと本作をチョイスしました。確か購入したBDがあるはずなんですが、見つからなかったので本日はネットフリックスで。もしやこちらは森川智之かと思ったけど、…

トップガン マーベリック

ツクツンツクツン・・・・。って聞こえて来た時には思わず鳥肌が立ったよ。お爺ちゃんなんか入れ歯が浮いたって。やっぱりトップガンの始まりはこうじゃないとって思った人も多いんじゃないかな。他の人はもう10回も見たなんて話を聞くけど、ボクはようやくって…

LOU / ルー

ハイ!一日遅れましたが、昨日は淀川長治氏の命日でした。なのであの名調子復活ですね~。今日の映画はルーです。大柴違います。今年の2022年公開でまだまだ湯気が出てます。ホットです。と言っても料理に使うあれじゃないんですね~。人の名前なんですよ。…

ガール

2020年公開の本作は映像も内容もただただ暗いの一言。ただならぬ雰囲気とでもいうのか、それが妙な緊張感を与え続けてくれます。サスペンスと言えばサスペンス。ただ、どうにも煮え切らないストーリーで、結局何だったのかとうのが見終わった直後の感想。救…

バニラ・スカイ

イケメンですね~。同性でもついそう思ってしまうトム・クルーズ主演の映画は難解の部類に属すと申し上げてもよく、最後の方はトムではなく、こちらの脳がおかしくなっているのかと心配になるほど。頭の回転が映画についていってませんね。なるほどそういう…

プリズン・エスケイプ 脱出までの10の鍵

脱獄映画は数々あって、なぜかどれもハズレが無いような気がします。ティム・ジェイキンの脱獄劇を描いた2020年の本作は実話が元になっていて、とにかく緊張感が半端ない。見ているこちらがびくびくしてしまうほど、手に汗を握ります。大半が難攻不落とされ…

フェーズ6

日本で2010年に公開された本作は、2007年に完成されていたらしいですが、諸事情で公開が遅れたのだとか。ちなみにこちらもウィルスの話で登場人物も少なく、上映時間も短く、予算も少ないといった感じでしょうか。ただし、なぜウィルスなのかは別にして、人…

私の親友、アンネ・フランク

お恥ずかしい話、ハンナ・ゴスラーという方は存じておりませんでしたね。2021年に制作されたこの話は、オランダで初めてアンネ・フランクを取り上げた作品として、ハンナとの友情を描いた実話で、一部脚色しているとのことですが、今までと違った角度で見ら…

マトリックス レザレクションズ

とりあえず過去のシリーズは見ております。話は難解ですが、その映像は驚異の映像革命と称されるだけあって映画ファンとしては目に焼き付けておきたいというのが第一作目。もちろん映像はさらに進化して、驚きを感じた方も多いでしょうが、話はひたすら難解…

クライ・マッチョ

2022年の今年に公開された本作を見てまず驚いたのがクリント・イーストウッドの吹替である多田野曜平。確か運び屋でも同じであったと思いますが、もうかつての山田康雄が歳を重ねたとしか思えない。昔のイーストウッドの声を知る人にはたまらないだろうし、…

カンパニー・オブ・ヒーローズ バルジの戦い

2013年にDVDで公開された本作は、第二次世界大戦を描いたもので、ベースとなるのは世界で大ヒットしたゲームなんだとか。最近は将棋くらいしかしてないので、まったく存じておりませんでした。ただ、それも元となった物で映画自体は普通に楽しめます。時代背…

クライアント・リスト ザ・ムービー

なまめかしいジャケットですが、映画の内容はそれほどでもありません。ただし、下ネタはありありです。テキサス州で起きた売春スキャンダルを元に制作された本作の公開は2010年。お金に困って飛びついた仕事が性的サービスの店だったという話ですが、あまり…

北斗の拳

初めて見たのはVHSでした。こんなのがあるんだと思わず手に取りましたが、日本語じゃないとなんだか様にならない。やがてDVDが出るとこれが吹替付き。おまけにケンシロウは神谷明でシンは古川登志夫とTVのまんま。バットとリンも同様。たまらんです。多少、…

ミッドナイト・イン・パリ

フランスへ出かけたくなる。ついそう思ってしまうほど、オープニングは美しい景色をこれでもかと見せてくれます。これが物語にも生きてくるので実に効果的です。我が家のリビングにも二枚の安い油絵がありますが、両方ともフランスの景色で、物語の男性が絶…