★気ままに自宅で映画観賞★

  あれこれ好き勝手に映画感想。カクヨムでもあれこれ執筆活動中。

洋画

無双の鉄拳

主演は強面マッチョな韓国の俳優マ・ドンソクです。実はコメディもけっこうフィットするんですよ。強面が一転して愛らしい表情に変わる。それがなんともラブリーで名前と引っ掛けてマブリーになるらしい。しかし、彼の場合アクションが似合う。特に暴れっぷ…

ジョーズ3

予算の問題なのか不明だが、なぜ一作目の迫力が出せないのか疑問だ。公開が1983年だからおよそ8年が経過していることになる。それでこのクオリティはなんともお粗末で違った意味で背筋が凍る。まさに午後のロードショーである。4から遡って見たことになる…

ジョーズ4 復讐編

記憶を辿るとシリーズは2までのような気がしますね。一作目があまりにも素晴らしく、もしやと期待して2を見て終わった。そんな感じでしょうか。だからこの4は初見となります。オリジナルタイトルは「ジョーズ ザ リベンジ」邦題は「’87 復讐編」のタイト…

エクソシスト 信じる者

似たようなタイトルはいくつかあれど、かつてオカルト映画で世間を震撼させ今は金字塔として名高い名作に迫る、そして物語が関連しているものはほとんどない。しかし、2023年に公開された本作はれっきとした1973年の直接の続編で悪魔に憑りつかれたリーガン…

アイデア・オブ・ユー ~大人の愛が叶うまで~

歳の差婚なんてニュースで騒がれたりもするけどさ。この映画の24歳の彼の気持ちって大いにわかるんだよな~。もうこんな女性が目の前に現れたら瞬殺だろ。真夏のアイスよりも融けるのは早いぜ。一秒なんてケチなことは言わずスーパーマンの飛ぶスピードさ。…

FALL / フォール

チャレンジ精神というか高いところが好きっていうのか、こんなところに登ろうって思うところが凄いわ。クライマーの人ってそういう本能なんでしょうけど、物置から落ちそうになって足をバタバタしてる波平さんの気持ちがわかる私には無理よ。それにそもそも…

セーヌ川の水面の下に

サメの映画って言ったら狂暴で大きいって感じだけど、こんな大きいのがいるのかって映画もあったし、レンタルの一本裏の棚なんか見るともう空飛んじゃったり、土の中を突進したりで土建業の人なんかもうこいつを雇えば重機なんか要らないって言いそうだよね…

カウントダウン

つくづくやたらなアプリはインストールしない方が良いと思わざるを得なかった映画でしたね。ちょっとしたノリじゃ後が怖い。そんな教訓がひしひしと伝わって来る。なんたって自分の余命がわかるアプリですからね。確かにどのくらいだろうって見たくなる気持…

イコライザー THE FINAL

邦題では最後を匂わせているが、原題では3としかない。したがって続編の可能性は大いにあるし、この3の出来栄えを見る限り次回作の制作に期待したいところだ。2023年公開の本作は過去の作品の集大成とも言える仕上がりでオープニングから見ているものを物…

ANIARA アニアーラ

見た感じ近未来というよりずいぶん先の話なんじゃないかって思ったもんじゃ。なんでも8000人が乗れる宇宙船ってのはもう過疎化した街のようなもんで、通販サイトの豪華客船よりも人数は上じゃろ。おまけに火星まで三週間って話じゃから東京と大阪を走る新幹…

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション

アニメは知ってるわ。でもほとんど見たことがないのよね。それで一時期TVでCM流してたから気になってたんだけどその時吹替が無かったのでスルーしてたの。やっぱり画面に集中したいじゃない。そうしたら見つけたのよ吹き替え版。リョウの声は山寺宏一で良い…

真昼の決闘

西部劇音楽集などでは大抵入っているほどで流れて来る音楽は聞き覚えがあります。ただ見たのはこれが初めて。画面も狭く画質もモノクロでやや荒い。それもそのはず上映されたのは1952年ですから。西部劇というと早々にドンパチがお約束のような気もしますが…

スペースマン

宇宙で知らない生き物が出ると大抵怖いんだよね。口の中から口が出たり身体が透明になったりしてさ。お父さんがこれなら女湯にも行けるななんて言って隣のお母さんの口からグーのパンチが出て転げ回っていたけど、この映画にも出たんだ。それもタランチュラ…

プレデター

シュワちゃんの中ではベスト3に入るというお気に入りの一作で約6年ぶりの視聴です。その後、いろんな作品が出ましたが、プレデターが初めてお目見えしたのはこの1987年に公開になった本作。とにかく最初に見た時のインパクトは強烈でした。カメレオンのよ…

パーフェクト・ドライバー / 成功確率100%の女

始まった時からびっくりだよ。車をギャーって操ってぶつかりそうでぶつからないんだ。うちのおばあちゃんなんて走り出した途端お店に突っ込んじゃったけど、このお姉ちゃんは違うよ。ジュースとか飲みながらだって普通に運転しちゃうんだから。隣でお爺ちゃ…

ジュラシック・ワールド / 新たなる支配者

パーク、ワールドと名前が異なる恐竜シリーズはすべて見ているが、やはりインパクトという点では第一作目ということになるだろう。もちろんそれ以降がつまらないということではなく、アイデアや映像等々、前作をより上回ろうと努力の後は垣間見える。ただ、…

ホワイト・スペース

宇宙の話だから期待もあったんだけど、上映時間とか見るとB級の匂いがするのよね。だって94分なんだもの。それでも見たら意外と良かったなんてのもあったりするから映画ってわからないわ。タイトルはカッコいいわ。邦題でもそのままだから少し信頼出来そうよ…

ヴァチカンのエクソシスト

日本での上映は2024年。当時はオカルトと言われ多くの人を震え上がらせた同様のタイトルからちょうど50年になります。関連性はありませんが、やはり金字塔と言われた映画から見ると怖さ、出来栄えなどからして物足りなさを感じてしまいますね。当時は特撮。…

ムーンフォール

上映時間は130分。監督は「インディペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」などのパニックアクション大作で知られるローランド・エメリッヒとなれば期待度は自然と上がる。公開は2022年。ただし日本では公開が変更され配信に切り替わったとのこと…

オペレーション・フォーチュン

やっぱり華があるわよね。誰ってそりゃジェイソンよ。ステイサムでも良いんだけど。出た瞬間に見惚れるわ。加えて山路和弘の声が重なったりしたらもう失神寸前。ファンならわかるわよね。アクションありのスパイものだもの。彼の本領発揮って感じでしょ。銃…

自転車泥棒

有名なタイトルなのでいつかは見たいと思っていました。ただ、この手の古い映画は大半が字幕なため、なかなか手が伸びないんですよ。字幕をまったく見ないってわけじゃありませんが、そこまで見たいという気持ちはなかったのかもしれません。そうした時、吹…

エイリアンVSプレデター

2004年の公開の本作を見るのは何度目でしょうか。と言っても二桁は見ていません。前回見たのも記録によると2018年ですからもう6年前。そのため記憶も断片的でところどころを覚えている程度。それでもこの両者の対決は相も変わらず胸躍らせてくれます。もち…

雪山の絆

見応え度満点の映画でした。感覚で言うと、くだらない映画を三本合わせてもまだこれには及ばないくらいですかね。今年のアカデミー賞のノミネートも頷ける話だし、これで良いんじゃないかって見終わってから思っちゃいました。もはや確信に近い。ただ、他の…

グランツーリスモ

この手のゲームに夢中になったのはディテールもチープな昔の話。もちろん名前は知っているし、購入を迷った時期もあるが実際にプレイしたことは無い。ゲームでの腕前が秀でている。そんなプレーヤーを実際の車に乗せて走らせたらどうか。いかにも映画に適し…

ONODA 一万夜を越えて

ああ、ついに映画になったんじゃな~って思ったわい。若い人は知らんじゃろうが、戦争が終わったことも知らずにずっとフィリピンのルバング島で過ごしていた兵士がおって、その史実を基に作られたのがこの2021年の映画じゃ。もう三年も前になるんかいの~。…

バッドランド・ハンターズ

公開が2024年。視聴しながら立ち上る湯気が一緒に見えるかのホヤホヤ映画です。主演はお気に入り俳優の一人でもある、マ・ドンソク。コメディなども熟す彼ですが、やはりこういったパワフルな役がとにかく似合います。声は小山力也でフィット感も抜群。開始…

アウトフィット

舞台は1950年の冬のシカゴで外は雪が降っています。と言っても主人公が営む店の外観が時折見える程度で、それ以外はすべてはその店内。そこで二時間弱が経過していくんですが、これが見せ方の妙と言うのか、まったく時間を感じさせないんですよ。店はいわゆ…

ジョン・ウィック : コンセクエンス

このシリーズはずっと追っかけているんだけど、キアヌの暴れっぷりが痛快よね。今回は銃はもちろんのことヌンチャクまで出るサービスぶり。って言ってもさすがに暴れすぎって感じだからR指定よ。もちろん声は森川さん。うっとりだわ。今回は大阪でも大暴れ。…

ブルー・ダイヤモンド

キアヌが主演だって話だし、声優も森川智之だから、どう見せてくれるんだって、そりゃ期待もするよな。日本での公開は2019年って言ってたか。スリラーってくらいなんで緊張感はあるにはあるけどさ。どうにもその緊張感がはっきりしなくてモヤッとするんだよ…

シン・タイタニック

さぁ、やってまいりました。一時期流行ったタイトルでリングサイドの空きを埋め尽くそうというプロモーターの作戦が功を奏するか。まさにニー・ゼロ・ニー・ニーに幕を開けた決戦に注目が集まるわけですが、オーッと!いきなりゴングが鳴る前から乱闘かっ!…