★気ままに自宅で映画観賞★

  あれこれ好き勝手に映画感想。カクヨムで小説や歌詞も書いてます。

八日目の蝉

          

          f:id:chibigori:20201210185656j:plain

 

今回はメモって置いた気になる映画。色々と想像させる意味深なタイトルが良いです。それこそ昔は声を頼りにしきりに木を見上げたものですが、今では気の毒で蝉を捕まえる気にはなりませんね。本作の公開は2011年で原作は角田光代。この中央公論文芸賞受賞の小説は読んでおりませんが、物静かに始まるオープニングなどは何か起こるであろう事件を予感させてグイと引き込まれます。ちょっと面白い趣向です。ただ、少しするとエンジンにトラブルが起きたのか吹け上がりが悪くなる。当然、ドライバーは首をそれとなく傾げる。その理由として現代と過去が頻繁に変わる事と登場人物の似通った顔つきもあるでしょうか。だからなのか見ながら整理を余儀なくされる。母性や家族の絆はそれなりに伝わっては来るものの、犯罪そのものを美化しているような点、さらには瀬戸内の美しい風景等もgo toのPRのようで気になりましたね。時間が長く感じられ知らぬ間に大あくびが出る始末。え?って思うエンディングも後味が悪い。

 

f:id:chibigori:20201127055347j:plain  chibigori’s voice●              


だいぶ寒くなって来たので皆さんの家も羽毛布団など出したかと思われますが、いざ使おうとなるとペッタンコなんて状態だったりすると困りますね。我が家はその袋無し圧縮状態でして、コインランドリーで洗って乾かそうかとも思ったんですけどね。洗える表示も無いのでいつだったか天気のいい日に干しましたよ。有り難いですね。お日様は。お蔭でとりあえずふっくらしました。