★気ままに自宅で映画観賞★

  あれこれ好き勝手に映画感想。カクヨムで小説や歌詞も書いてます。

カリブの熱い夜

          f:id:chibigori:20201206143157j:plain

 

TV番組か何かで紹介されたポルシェとフェラーリの生々しいバトルが記憶に残ってる本作。公開は1984年です。以前からずっと見たいと思ってたんですけどね。レンタルなどで見掛けても字幕オンリーでつい先へ延びてしまったわけですが、探せばあるもんで、今回はようやく念願の吹き替え版での視聴となりました。ジャケットとタイトルから連想すると大恋愛。つまりは近寄るだけでアッチッチとなるような恋物語と思ってました。実際それも外れてはいないんでしょうけどね。不穏な空気と言いましょうか、だいぶイメージしてた方向性と異なって困惑も少々。実際のところ熱いのは夜では無くて男って感じですけどね。その男とはジェフ・ブリッジス。良くも悪くも一途で映画の中の存在感は抜群です。さらにはレイチェル・ウォード。顔も美形ながらスラリと伸びた脚がまた魅力的で、非接触式温度計で測られたら見ているこちらも熱くなってるのがバレテしまうのではないか。内容はともかくとして、見られたという満足感が残った映画です。

 

f:id:chibigori:20201127055347j:plain  chibigori’s voice●              


数年前からチェックしてた映画がありまして、高いときには¥5,000近くしてたんですが、最近見たら¥3,000を切ってたので頼むことにしました。その映画とは『ジャッカルの日』であります。BDで映像も綺麗になったうえ、三種類の吹き替えが入ってるとの事ですから見るのが楽しみです。実はもう一枚狙ってるのがあるんですが、こちらはタイミングを逃して保留状態なんですよ。