★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

G.I.ジョー バック2リベンジ

イメージ 1


9月9日にビートルズの唯一のライブアルバムである、ライヴ・アット・ザ・
ハリウッド・ボウルのCDが世界同時発売になりました。ついに出たかと
思う反面、今更って気持ちも正直あるのか、購入には迷いが生じている。
確かにリマスタリングされ向上したと言う音質には魅力を感じますけどね。

実はこのアルバム、もう何年も前から私の車のHDDには入ってまして、
発売を知る前に聞いたばかり。レコードをCDに録音したので、音質は
悪いですが、このノイジーなところがまたなんともあの頃を髣髴させて
くれる気がするんですよね。おまけにちゃんとタイトルまで出ましたから。

イメージ 2

私にとってやや不評とも思える一作目でしたので、こちらもライブCD
同様にちょっと迷いがあるところですが、ドウェイン登場となれば違った
期待感も生じたりするもので、今回の午後のロードショーはその続編。
「G.I.ジョー バック2リベンジ」前作から4年後の2013年の作品です。

私の場合は4年ではなく一週間。したがってある程度は記憶に残ってる。
ただ、それゆえ映像技術前面の見づらさも覚悟していたわけですけど、
前作とはまるで別物のような印象を受けましたね。大袈裟に言えば、
別の映画と言ってもいいくらい。もちろん内容はあくまで続編ですけどね。

イメージ 3

ドウェイン好きだったら、あえて2から見ても良いんじゃないかと思うくらい、これはこれで一つの作品として完成されてる気がしますね。ストーリーの
壮大さもあるし、見入ってしまうほどの迫力の映像もある。スピーディーな
シーンも確かにありますが、前作とは違って大幅に見やすくなっている。

内容をより把握するために前作を見る必要はあるでしょうが、あくまで
前作はその程度。ドウェインの暴れっぷりも良いですが、イ・ビョンホン
鍛え上げた肉体も見どころ。思いがけず登場するブルース・ウィルスも、
雰囲気がそれだけで変わるからさすがです。楽しめる映画でしょうね。