★気ままに自宅で映画観賞★

  映画感想+ちょっとした一言=気の向くままに綴っております。

ヘルタースケルター

          f:id:chibigori:20200404002953j:plain

 

タイトルから連想するのはビートルズの楽曲。その後、日本のロックバンドであるVOW WOWもカバー。混乱してる等の意味があるそうですが、映画の方の原作は漫画だそうで、つまりはその実写版と言うことになります。2012年にR15+指定で公開された本作の主演はジャケットから一目瞭然の沢尻エリカで、予想に反して身体を張った演技を見せてくれます。のっけからプリンと出されて思わず目を凝らしたりなんかして。フィルムの8割は沢尻が占領してる感もあるのでファンの方はBDで所有したい一本ではあるでしょうが、ストーリーの方は後半に進むにつれ難解度が増して、映画と言うよりも芸術性を強く感じるようになります。この辺りも凡人には意味が掴み辛く頭の中を混乱させる。見所はやはり沢尻エリカの悪態振りで、ふと、演技なのか疑問に思うほどハマってて良いです。TVならピーッ♪っと鳴るような単語もシレッと言い放って思わずドッキリ。ただ、終わりそうで終わらない。そんな時間が長過ぎたようにも感じました。

 

●ちょっとひとこと●
この間、ポチって通勤に聞いてたのは、風の5枚目のアルバムである「Moony Night」以前はレコードでも聞いてたのですが、当時はまだその良さに気付かなかったんだろうなと、久々に聞いて思いましたね。ラストアルバムってことで贔屓目に見ても、その完成度は風のアルバム中ナンバーワンと言っても良い。特に正やんと完全に肩を並べた大久保一久の曲が素晴らしいです。