★気ままに自宅で映画観賞★

 映画感想+ちょっとした雑談。素人小説書館現在休業中。

妖星ゴラス

          f:id:chibigori:20210306144213j:plain

 

円谷お得意の怪獣物かと思いきや、今回は日本沈没も真っ青な超パニックムービーです。公開は1962年とのことですから、当時としては相当なショックを与えたんじゃないでしょうか。もちろん今見れば少なからず突っ込みどころはあるんですが、一方で今の技術でリメイクしても面白いかもしれませんね。似たような作品であるアルマゲドンディープ・インパクトよりも遥か昔ですから、言ってみれば先駆けのような作品で、さらにはスケールも質量が地球の6000倍と圧倒的。こうなると否応なしに期待も高まるもんですが、鬼気迫ると言いますか、パニック感が今一つ伝わって来ないのが残念なところ。描かれている時代背景は現在よりもかなり進んでいるわけですから、下手な怪獣っぽいものは出さず、先に別の手を試みてから最後の手段に出た方がよりドラマティックだったんじゃないかと個人的には思っております。ただし荒唐無稽とも思われるアイデアはまさにSF映画ならではで、国内SF作品の上位は間違いないでしょう。

 

f:id:chibigori:20190815091531j:plain  chibigori’s voice●              


東野圭吾の放課後を読み終えました。と言ってもちょっと前の話になりますが、第31回江戸川乱歩賞を受賞した作品でもあります。名門女子高を舞台とした推理小説なんですが、いつか読みたいと思っていたんですよ。その思いが強すぎたのか、あるいは最近の東野作品を読んでたからか、少々物足りなさを感じてしまいました。読み手の体調も関係して来るとは思いますが。