★気ままに自宅で映画観賞★

  映画感想+ちょっとした一言=気の向くままに綴っております。

ヒトラーの忘れもの

          f:id:chibigori:20200607141208j:plain

 

グーテン・ターク。マイン・ナーメ・イスト・チビゴリ。昔ドイツ語を少し勉強したことがあります。ダイソーのCDですが。そんな俄仕込みの語学も吹き替えにより強制免除となりましたが、久しぶりのヒトラーが題名に付いた映画は史実に触発された歴史ドラマで製作国はドイツとデンマーク。公開は2015年です。タイトルにこそ名前は刻んでいるものの、物語の中ではその名前も姿も登場することはなく出演者も至って少数。その為、作品自体に派手さは無く一言で言えば地味なんですけどね。その地味さの中にもドラマがあって、下手な銃撃戦を売りにしてる映画よりは訴える力は大きいのではないでしょうか。戦争捕虜となった少年兵に与えられた過酷な作業。これが本作の最大のテーマで、見ているうちに私も一人の少年兵になってしまったかのように辛く息苦しくなってきます。その少年兵を指揮するのがデンマークの俳優ローラン・モラー。この容赦ない悪態振りが憎たらしいくらいなんですけどね。本作には必要不可欠です。

 

●ちょっとひとこと●
雨が降りそうだからと急ピッチに設置し直したため、若干の不安材料もありまして、ならばと本日その仕上げ作業に取り掛かりました。と言ってもネジだけなんですけどね。まずは短めのタッピングネジを長いものと交換。そして、中空でとりあえずプラグを差してネジ止めしただけの部分は、中空用アンカーを入手することで、しっかりネジが効くようになりました。これでOKかな。

 

f:id:chibigori:20200606080121j:plain お読みくださりましてありがとうございます。