★気ままに自宅で映画観賞★

 映画感想+ちょっとした雑談。素人小説書館現在連載中。

怪獣の子供

          f:id:chibigori:20210211110757j:plain

 

ゴジラの息子というのは存じておりますが、それに勝るとも劣らないインパクトのあるタイトルです。原作者は五十嵐大介。この人のアニメは恐らく初めてかもしれません。街並みの細かく立体感のある風景や海の描き方等、見ていて目を奪われる美しさがあります。所謂青春の一コマかと見始めた時には想像したので、この辺で落ち着いていてくれという願いもむなしく、徐々に難解な領域に突入して行って最早ブレーキがかからない。止めてくれ。と叫んでみてもペーパーロック現象で止まりません。泡が発生してる状態ですね。こうなると成すがまま。Let It Beであります。唯一出来るのは画面をボーっと眺めていてひたすら堪えるだけ。そして思ったのは凡人には理解しがたいということでしょうか。時間を掛けた凝った映像はうかがい知れるんですけどね。2019年に公開になった本作の音楽を担当したのは、あの久石譲。特に佳境に入ってからは壮大な音楽が場面を盛り上げてくれます。正直なところ二時間弱はけっこう辛かった。

 

f:id:chibigori:20201016064705j:plain  chibigori’s voice●              


このあいだ、ホームセンターに買い物にいって帰ろうとした際、入り口付近にあるガチャガチャに目が留まりました。それはスヌーピーのキャラのフィギュアのものなんですが、ちょっとやってみようかと辺りをキョロキョロして素早く小銭をだしグルグルッとつまみを回転させました。0,2秒くらいの早業です。そして何もやってませんけどみたいな顔で店を後に。スヌーピーは出なかったよ。