★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

チャッピー

イメージ 1


暑かったですね~。関東地方でも30℃超えで七月上旬の気温だそう。
それでも湿度がやや低かったのが幸いしたんでしょうか。思ったよりも
体調は良かった。パソコンのHDDや車なども蒸し暑いのは苦手ですが、
こういったロボットの場合も、やはり熱や湿度はダメなんでしょうかね。

花金のロードショーは当初は邦画を見ようと考えてたのですが、
その場になったら気分が変わり洋画の「チャッピー」に変更しました。
チャッピー。なんとも愛らしいタイトルじゃないですか。可愛い響きです。
その昔、そんな名前のキャラがいたような・・・いなかったような・・・。

イメージ 2

2015年のアメリカ映画で、ジャンルはSFアクションとなっております。
ただ、見た感じではアクションってよりも、コメディな香りが漂います。
イメージすると、ロボコップとショートサーキットが合体したかの作品。
悪も今一つ悪じゃなく、どちらかと言えば間抜けな印象が強い気がする。

痛快なカッコ良さのようなものがあるロボコップ。ショートサーキットには
笑いもあるし、多少ホロリとさせられ子供も大人も楽しめる作品。
この二つを足して二で割ったくらいの数値が出るかと言うとやや疑問。
面白く見られる時間もあるんですけどね。その逆も払拭できないかな。

イメージ 3

それでも二時間を持たせるわけですから、ストーリーや見せ方は
悪くないとなるのかもしれませんね。特に人間味を帯びたロボットは
興味深くそれでいて微笑ましく見えたりする。新しいだけあって
映像も綺麗ですし、ロボットの動きなどはロボコップなどとは別次元。

前に紹介したスターウォーズのロボットとも雲泥の差がありますね。
ただし、それは技術的な話であって、世界中を熱狂させるかの映画に
なりうるかと問えば、残念ながらNOと言わざるを得ない。
エンディングからの次回作があるとすれば、そちらの方が期待大です。