★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

フォーカス

イメージ 1


古い映画でジェームス・コバーンの黄金の指と言うスリを描いた作品が
なかなか面白かった。その中で金を持ってるかどうかは身なりなどの
見た目じゃなく、振る舞いで判断しろと言う教えが興味深かったですね。
みすぼらしい格好をしてても、育ちの良さはちょっとした仕草に出る。

言われてみれば確かにそうかもしれませんね。例え私がブランド物の
スーツを着たとしても、その着こなし方を見れば一目瞭然。もっともこれは
プロじゃなく素人目に見ても明らかでしょう。借りて来たものか、偽物。
立ち振る舞いから与える印象は、その程度が関の山ってところです。

イメージ 2

黄金の指ももう一度吹き替えで見たい映画の一つですが、昨夜見たのは
2015年の「フォーカス」主演は、ちょっとお久しぶりのウィル・スミス。
ハンコック以来でしょうかね。そしてキレイどころのマーゴット・ロビー
ロマンティック・コメディ・ドラマ映画と少々長いジャンルとなります。

見始めて思わす先の映画を思い出したのですが、スリはテーマの一つで
あって基本的には詐欺全般。と、ネタバレしない程度に簡単に書くと
こうなるわけですけど、見ている側の心理を手玉に取るような展開が
面白く、その騙しっぷりは鮮やかと言うほかはなく、テンポも心地よい。

イメージ 3

ただ、その鮮やかさゆえ、この映画は一度見れば十分。アクションや
感動ストーリーとは違って、ネタを知らないから楽しめる。言わば一発
勝負の作品でしょうね。二度目はないと思わせる仕掛けは見事です。
もちろん、騙されるのはこちらも一緒で爽快感さえ味わせてくれます。

スリの手さばきも脚気に取られるほど鮮やかで、これならいつやられても
不思議じゃないと思ってしまう。実際、そのリアルなスリ行為を見せるため
世界最高のスリ師の異名をとる、アポロ・ロビンスを迎えたらしい。
その彼こそがウィル・スミス演じるニッキーのモデルだそうです。