★気ままに自宅で映画観賞★

     映画の感想+αを気の向くままに綴っております。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

イメージ 1


ポケモンGOがいよいよ日本で配信になり、連日話題となっておりますね。
ポケモンは知ってますが、さすがに探し回るほど夢中にはなれないし、
そもそもスマホがないのでGOどころの話じゃない。もっとも私の場合、
レンタルショップあたりで映画を探して歩き回ってれば十分ですが・・・。

今週は前半の暑さとは対照的に後半は秋を感じさせる気温に一転。
拍子抜けではあるものの、エアコンなしで寝られるのはありがたい。
ただ、喜び半分ってのが本音かもしれませんね。せっかく暑さに
慣れつつある矢先でこの気温ですから、梅雨明けがちょっと不安です。

イメージ 2

半日仕事だった午後は「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
とりあえずこれで今月もなんとか二桁に到達です。エピソード1から3年。
2002年公開のアナキン・スカイウォーカーを主人公とする第2章目。
役者も変わった前作から見ると、続編となるので映画には入りやすい。

アナキンが多少大きくなったくらいで、エピソード1ほどの戸惑いはない。
ちょうどエピソード5を見た時の感覚に近いでしょうかね。とは言え、
ある程度見て来ているせいか、話の内容がなんとなく繋がっていくのが
この2では感じられます。耳に覚えのある音楽も後押ししてくれますね。

イメージ 3

映像の進化も感じられますね。長編映画では初めて全編HD24Pによる
デジタル撮影が行われたようで、宇宙空間での爆破シーンなどは斬新で
目を見張りました。しいて言うなら、なぜC3POは黄金じゃないのか、
なぜ声優は野沢那智じゃなかったのか、この辺がちょいと引っかかる。

声優さんは見ているうちに馴染んできてるので、今後はどうして黄金に
なったのか。そんな経緯や、アナキンのその後などが気になるところです。
それと、オビ=ワン・ケノービって名前がどうも覚えにくくて困りますね。
覚えたと思っても数日すると出て来ない。そんな経験私だけでしょうか。