★気ままに自宅で映画観賞★

  映画感想+ちょっとした一言=気の向くままに綴っております。

ファインディング・ドリー

イメージ 1


007シリーズの三代目ボンドとして活躍したロジャー・ムーア氏が、89才で亡くなったとニュースで報じられました。歴代のボンドの中では最多となる
7作に登場し、国際的スターの地位を確立。個人的にもロジャーのボンドは
歴代の中でも1、2を争うほど好きでしたね。心よりご冥福をお祈りします。

死ぬのは奴らだ私を愛したスパイ等も好きな作品には違いないですが、
オクトパシーも面白かったです。痛快にひと暴れするオープニング。今でも
記憶に鮮明に残っています。追悼の意を込めて彼の作品をまたじっくりと
見直してもいいかなと考えてるところです。とにかくダンディで良かったね。

イメージ 2

そんなオクトパシーならぬオクトパスが活躍してくれるのが、午前中に見た
ファインディング・ドリー」であります。2003年のファインディング・ニモ
続編で2016年の公開になります。ニモは小さい子が楽しむ映画と言った
偏見がどこかにあったのでしょうね。したがって見たのはだいぶ遅かった。

もちろん今回はまったく別で、楽しめるはずと言った期待感しかないので、心待ちにしてたのですが、これも恒例行事の今更になってしまいましたね。
脇役だったドリーが、まさか主役に躍り出るとは思いませんでしたが、その
発想と言うかアイデアが素晴らしいです。ドリーの声は前回と同じ室井滋

イメージ 3

実にこの声が忘れっぽいドリーにフィットしてて良いですね。それとニモと
父親のマーリンも同様。その他でもシュワちゃん玄田哲章、ジェイソン・
ステイサムの山路和弘ドウェイン・ジョンソン小山力也等々と錚々たる
吹き替え陣。ピクサー史上初のカメオ出演となる八代亜紀もユニークです。

アニメでありながら大人をも魅了するのはピクサーのお約束ですし、映像も
綺麗な上、音声も背後から聞こえてくる。さすがに続編と言うこともあって、
ニモを見た時の感動には劣るかもしれませんが、ロールエンドになっても
楽しい仕掛けは十分。時間も歳もつい忘れて見入ってしまえる映画です。