★気ままに自宅で映画観賞★

  映画感想+ちょっとした一言=気の向くままに綴っております。

ザ・レイプ

イメージ 1


公開から30年以上が経過していても、そのタイトルの響きは色褪せていないと言えるでしょう。強姦と書けばさらにインパクトは強烈かもしれませんが、作品そのものの質を落とすような気ももして、それを少しでも和らげる狙いもあったのではないか。これは勝手な想像でしかありませんが、内容そのものは日本語訳の二文字。しばらくぶりに見て、その衝撃を再び感じましたね。それと同時に作品は上手くまとまっていることに気付かされました。生々しく見えるシーンはインパクト大ですけど、その後の生き様が見る者を引きつけます。主演は田中裕子。スレンダーなボディを惜しみも無く披露して、まさに身体を張った演技です。事件の前後、あるいはその後の心情の変化など上手く演じていたのではないでしょうか。そして、その彼氏が風間杜夫。こちらも感情を目で演じていて見入ってしまいます。終盤が印象的でした。

●ちょっとひとこと●

梅雨明けしたんじゃないかと思わせる気温に、関東特有の蒸し暑さが加わったのもあって、今週は身体がしんどかったですね。夏本番からすれば気温もまだまだなんでしょうが、涼しい日が続いてましたからね。言い換えればビールが美味くなってきたとも言えますけど。