★気ままに自宅で映画観賞★

  映画感想+ちょっとした一言=気の向くままに綴っております。

海難1890

          f:id:chibigori:20200626010928j:plain

 

ショッキングなシーンから始まる本作はタイトルが示すような事件を描いていて、凄く良い映画でしたよと金網越しに隣の会社の人から紹介されたのでレンタルして来ました。公開は2015年と比較的最近の映画になるため、明治の時代の話であっても映像はハッキリクッキリで嵐の場面なども迫力満点です。90年代と言っても1800年ですからね。さすがにその話を覚えてる方はいらっしゃらないかと思いますが、いないからこそ記憶に残すべく映画化されたんじゃないかと見ればその意図は一目瞭然。ただし、これだけで終わらなかったのは予想外でしたけどね。製作国は日本とトルコ。一応邦画の扱いですが、思いの外字幕が多く一部字幕スーパーなんて映画をはるかに凌ぐ量であります。若干読むのは面倒ですけど、言語の違いなどから臨場感アップには効果的かもしれませんね。125年を超える友好の発端となった経緯を知る上でも、見ておいて損は無い作品ではあるものの、こんな行動が出来るか問われると自信ないなぁ。

 

●ちょっとひとこと●
風のセカンドアルバム「時は流れて・・・」を毎日聞いてると期待以上の出来であることに気付かされまして、こうなるともう我慢できないとファーストアルバムもポチってしまいsましたよ。まだ、車のSDに録音したばかりで、味わうまではいってませんが、結成初のアルバムと言うことで、ちょっとばかし期待もありますかね。風のアルバムのコンプリート。思えば時間が掛かりました。

 

f:id:chibigori:20200606080121j:plain お読みいただいて感謝いたします。