★気ままに自宅で映画観賞★

 映画感想+ちょっとした雑談。素人小説書館不定期連載中

Fukushima 50

          f:id:chibigori:20210313103727j:plain

 

安全とは何か。そして自然の驚異を改めて教えてくれる。実に見応えのある映画でしたね。この生涯記憶から消し去れないであろう福島原発を描いた2020年公開の作品は、原発とその周辺という舞台に関わらず、エンディングの一部分を除いて終始緊張感が漂っていて見てる側も知らぬ間にピリピリして来ます。現場周辺はもはや戦場。そんな絶望と希望が織り交ざった感じが画面からよく伝わってきて、後世に残す作品の一本ではないかと思ったりもしました。出来れば教訓として年に一回はNHKはもとより民法も協力して同時放送をしてもらいたいもんです。ならばネット配信でもなんて考える人も出てきそうだから、この際ネットも同時配信です。そのくらいやってもおかしくない大事件でしたからね。どのように撮影したのかと思われるセットも映画の質のアップに貢献してて、10年と言う過ぎ去った時すら忘れてしまいそうでした。安全などあくまで現時点においてというだけの話で決して永遠ではないんだと教えられました。

 

f:id:chibigori:20190815091531j:plain  chibigori’s voice●              


数日前に東野圭吾の超・殺人事件を読み終えました。これは短編集となっているので長編から見ると物足りなさは当然出てきますが、個々の話がそれぞれ変わった趣向なのでけっこう楽しむことが出来たでしょうか。中でも最後の超読書機械殺人事件は個人的には一番面白かったですかね。本を入れると、あらすじや書評までやってくれる機械の話で、ちょっと笑えましたよ。