★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

ブリッツ

イメージ 1


日曜の午後に映画を二本見るのは、ほとんど記憶がありません。
そこそこの音量で見たいがゆえ、窓を閉め切っているのですが、
夕方の時間帯でもムシムシしますね。かといってエアコンには早いし。
心地いい風が吹いてるので、窓でも開ければ快適なんでしょうが・・・。

たまたま出演者で被ってたことはあるにせよ、同じ俳優が主演の
映画三連発は初めてのことでしょう。これは精査しなくてもわかります。
アドレナリンシリーズが今一つ、私にとって不完全燃焼でしたので、
ここは一発ジェイソン・ステイサムらしさのある映画と期待しました。

イメージ 2

2011年のイギリス映画の「ブリッツ」内容はまったく知らないので
ことによればアウト(三振)になってしまう可能性もあったわけです。
分類はアクション映画となりますが、トランスポーターの発砲や、
派手な格闘でもなく、アドレナリンのやりたい放題ともちょっと違う。

ただし、ジェイソン・ステイサムの渋さは十二分に堪能できます。
役柄ははみ出し刑事。見ていてふと思い出したのがダーティハリー
アドレナリンの妙に明るい映像と対比して、この映画は独特の
靄のような暗さがあり、それが事件の緊張感を増してくれます。

イメージ 3

サスペンス仕立てでもう少し犯人を伏せていても良かったと
思ったりもしましたが、分かったところでつまらないと言う事もない。
交じり合わないように思えたコンビとなるバディ・コンシダインとの
やり取りもなかなか面白く見られた。見応えはまずまずですね。

タイトルで連想したのはマックウィーンのブリット。こちらは刑事名です。
お気に入りの映画の一つでぜひとも完全吹き替え版のBDが
欲しいんですけどね。とある理由から再販されてないらしい。
いい加減出してくださいと書き込みがありましたが、私も同感です。