★気ままに自宅で映画観賞★

  映画感想+ちょっとした一言=気の向くままに綴っております。

ジュラシック・ワールド

イメージ 1


関東は梅雨明け間近と思わせる天気になりました。何もしなくても
じっとりと汗がにじんで来て、外出するにも思い切りが必要になります。
こうなると昼間の映画はエアコンが必須。あとは自然と引きこもりです。
新しいのは電気代も安いのかな~。なんて夏になるとふと考えますね。

エアコン25℃設定の部屋で見た映画は「ジュラシック・ワールド」です。
このジュラシックシリーズも毎回楽しませてもらっている映画ですが、
初めて見た時のインパクトは凄くてとても興奮したのを覚えています。
それから22年。4作目となるワールドは2015年に公開になった作品。

イメージ 2

このシリーズは言うなれば鉄板ですね。期待通りに楽しませてくれる。
さすがに4作品目となると、あの頃に比べると驚き具合は低下しますが、
昔のぎこちない動きの特撮とは違って、もはや映像を見る限りでは、
本物としか思えない。それほどジュラシックシリーズの恐竜はリアルです。

1作、2作目と監督を務めたスピルバーグは、三作目から製作総指揮に
回ったようですけど、飽きさせないで見せることにかけてはさすがです。
出演は以前紹介したガーディアンズ・ギャラクシーに出たクリス・プラット
そして、ブライス・ダラス・ハワード。こちらの声優さんは木村佳乃です。

イメージ 3

この作品に出てくる子供ほど恐竜好きではないのですが、太古に
生息していた巨大な恐竜を生でもし見られるとしたら、実際に見てみたい。
と思うのは私だけじゃないはず。そんな願望を少しだけ叶えてくれたのが、
スピルバーグであり、またこのシリーズなんじゃないかと思っております。

お兄ちゃんの演技が少々気になったりもしましたけど、感情をあまり
出さない世代なのかとも後で思い、一人で納得したりもしました。
数年後にはまた新作が登場するようなのでそれもまた今から楽しみです。
臨場感をより味わうのなら、やや大きめの音量がオススメです。