★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

エンド・オブ・キングダム

イメージ 1


一時期、クラシックギターを三本所有してました。特にこれを最後にと一本ローンで手にしてからは中古で買った二本は弾かなくなったこともあって、
置き場所に困る等の理由から売却。ただ、そんな新しいギターもここ数年、ケースに収まったままで、爪を切ってしまったこともあって弾いていません。

最後によく弾いていたのはアルハンブラで、この曲は爪がある程度伸びて
ないと弾けません。その他には映画音楽などで、定番中の定番であります
禁じられた遊びや、太陽がいっぱいスタジオジブリの曲なども結構好きで
弾いていましたね。今ではそんな話も他人事のように聞こえたりしますが。

イメージ 2

床屋へ行ってさっぱりした夜に見たのは、「エンド・オブ・キングダム」です。
2013年のエンド・オブ・ホワイトハウスの続編で2016年に公開になった。
ホワイトハウスを越えたと言う触れ込みなので、期待度もアップしますが、確かにスケール感はこちらの方が上。そもそもの規模が違いますからね。

主演は前作のホワイトハウスにも登場したジェラルド・バトラー。その彼が
警護する大統領にアーロン・エッカート。こちらも前作からの大統領の役で登場。メンバーがそのままというのが良いですね。それからもう一人です。
前に下院議長をやっていたモーガン・フリーマンが副大統領で登場します。

イメージ 3

お気に入り俳優でもある彼は、とにかく存在感があって良いですね。声は
これ以上のマッチングがない坂口芳貞。年齢も本人と近くて味があります。
ホワイトハウスもけっこう楽しめましたが、本作品もそれに引けを取らない
スリリングな展開で時間を忘れさせてくれます。日本の首相も出ますしね。

見応えのある映画には違いありませんが、CGのレベルはところによって
もう一つ感があるでしょうか。スケールがアップしているだけに少々残念。
ただし、撃ち合いのシーンなどは迫力もあるし、大統領を警護する点では、緊張感も十分で見ていてハラハラさせられる。これも出来たら昼に見たい。