★気ままに自宅で映画観賞★

  あれこれ好き勝手に映画感想。カクヨムで小説や歌詞も書いてます。

ドント・ルック・アップ

          f:id:chibigori:20220103060420j:plain

 

発見したすい星が地球を直撃する。そのままの路線で行くなら立派なパニックムービーとなるが、本作のジャンルはブラックコメディ。そのため笑えないようで笑えるシーンがほぼ全編を覆いつくす。ただ、事態が事態だけに見ている側はけっこうやきもきさせられる。その気持ちを代弁するのが発見した天文学者たちだが、この白と黒とのせめぎあいも見どころの一つで、地球よりも先に壊れかかってしまう部分にはつい共感してしまうほどだ。女性大統領はメリル・ストリープ。揶揄の矛先は不明であるが、この失望感を与える演技や存在感はやはり一味違う。とにかく憎まれ度合いが増すほど本作では映えるということになる。もちろんパニックの演出も用意されていて、特に後半部分では別の怖さを見せつけてくれる。その時に何をすべきか問う場面も心に良い余韻を与えてくれるのではないだろうか。ディカプリオとジェニファーの人間臭さも良かった。