★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

旭山動物園物語 ペンギンが空を飛ぶ

f:id:chibigori:20190812133147j:plain


見ようと思ったら体力がない。体力があると思ったら時間がなかった。
週末の映画事情はこんなところで、ようやく見たのは日曜になってから。
半日仕事の土曜は外で草刈。日陰に入ったり時には休んだりしても
気温もそれなりだったので午後の映画を観る体力は使い切りましたね。

ついでに飯を食べる元気もなく、帰宅後はシャワーしてあとは寝るだけ。
通常ですとそれで体力を回復し、夜のロードショーとなるのですが、
昨日は夜から飲み会で帰宅は午前様でした。となればあとは寝るだけ。
疲れたけど楽しかった。飲み会に参加された皆様、お疲れ様でした。
 
イメージ 2


重々しい瞼が落ち着いてきた頃に見たのは、2009年公開の角川映画
旭山動物園物語 ペンギンが空を飛ぶ」であります。今ではすっかり
有名になった旭山動物園ですが、廃園の危機に追い込まれながらも
全国有数の人気動物園へと復活させる園長、飼育員の奮闘が見所。

一部フィクションも交えているようですが、開始間もなく実際に起こった
話ですとテロップが出る。これでその前に流れた数分間の不可解な
映像が帳消しにされたでしょうか。題材も悪くないでしょう。飼育員や
園長を演じる役者もベテラン勢で、もはや本物と見間違えるほどです。

f:id:chibigori:20190812133227j:plain

 

西田敏行はこういった役がはまる役者だと思いますね。色々演じていて
アウトレイジでは悪人もやりましたけど、新鮮な反面、違和感もあった。
それはともかく、お膳立てが出揃っている割には、なぜかパッとしない。
内容的には感動のストーリーなんですけど、気持ちが動かないんですよ。

廃園の危機と言えば切羽詰った状況なんでしょうが、見ている方は、
割と落ち着いて見続けることができる。人気動物園となった現状を
知ってるからなのかもしれませんが、欲を言えばハラハラ感が欲しい所。
CGなど一切入れず、面子の揃った役者ならではのドラマが見たかった。