★気ままに自宅で映画観賞★

     映画の感想+αを気の向くままに綴っております。

ア・ホーマンス

          f:id:chibigori:20190922104323j:plain

 

86年公開の本作は松田優作作品の中でも突出したつまらなさで睡魔との戦いだった。と言うのが初めて見た時の感想。もう十年ほど前のことになりますかね。元々は漫画らしく、主演と監督を松田優作が務めた最初で最後の作品とのことですが、一言でらしさがない。魅力が封印されてしまっている。そのため主演でありながらも、脇役にすら思えてしまう。そんな映画を久しぶりに見たらどうか。と思ってつい先日引っ張り出したわけです。するとだいぶ初めての時と印象が違う。同じ映画なのかと思えるほどで、不思議な味わいがある。台詞も片言だし、俳優一美しいと言われる走りの姿も無い。限り無く無表情。荒々しい、またはコミカルな松田の魅力を知ったものとしては、不完全燃焼になるのは当然でしょうね。ハードボイルド風味の任侠、仕上げにSFを加える料理は些か理解に苦しむ味でもあるわけですが、噛むほどに妙な味がしてくる映画です。


●ちょっとひとこと●
海賊とよばれた男を昨夜読み終えました。上下巻ですから読みごたえがありましたね。映画は既に見ていますけど、読みながらこれを完全に映画にするとなれば、ロード・オブ・ザ・リングのような時間で、さらに前・後編くらい必要かもしれない。そうなると製作費は途方もない額になるから無理か。なんてつまらない事をふと想ったりもして。