★気ままに自宅で映画観賞★

     映画の感想+αを気の向くままに綴っております。

ブラッド・ファーザー

          f:id:chibigori:20191215143654j:plain

 

ドランクモンキーが公開された79年にバイオレンス・アクションのマッドマックスでスターの座を掴んだのが本作の主役となるメル・ギブソン。あれからもう37年と言う時が過ぎてるんですね。当時、甘いマスクでカッコよかったメルも人生の年輪を刻んで随分と渋くなりました。当然、声も相応しいもので磯部勉がしゃがれかかった低音でメルの演技をサポート。いかにも元犯罪者と言った雰囲気が良く出ていて良いですね。一見、ハリウッド映画かと思わせる2016年のこの作品は、全然らしく感じなかったのですが、実はフランス映画なんだとか。どうもきな臭い香りとフランスは感覚的に合わないんですけどね。父娘の逃亡劇がメインと言いますか、一口に書けばそれ以外に何もない映画でしょう。ただ、これを見ていると如何に平凡で在り来たりの生活が幸せなのかと思えて来るから不思議。神経をすり減らすかの銃声にいつも以上にビビッてしまいました。

 

●ちょっとひとこと●
シェーバーで髭を剃り始めたら・・・ヤベッ!男と言うのがバレる。髭じゃなくて脇を剃り始めたんですワ。ジョ~リ、ジョリジョリ・・。すると、アラ、痛いわってなって見たらシェーバーの外刃の一部がめくれている。出血サービスはしませんでしたけど、その日のうちに買って来た替刃が、新しいヘッドフォンより高かったのは痛かったワ。