★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

怪獣総進撃

イメージ 1


元々はこれを見る予定ではなかったのですが、前回、怪獣映画なんてことを書いたら無性に怪獣が見たくなってしまい、これをチョイスした次第。ゴジラシリーズの第9作目となる怪獣総進撃は自宅では確か二回目になるでしょうか。一作でいろんな怪獣が楽しめる、まさに怪獣祭りと言った映画ですが、登場時間も限られるので個々の存在は薄くなり、豪華な反面、好きな怪獣をじっくりとみられない。そんな中途半端な印象もあったような記憶も・・・。しかし、あれから40年じゃないですけど、今こうして見ると、この映画の見所はむしろ別のところにあるような気もしますね。怪獣映画でありながら未来的なSFを描いている点やムーンライトSY-3号の活躍などは、それまでとは違う人類の強さも感じられます。タイマンでは負けないだろうキングギドラもあれだけの数を相手にしたら喧嘩にはなりませんよね。

●ちょっとひとこと●

ガリレオの苦悩って本を今読んでいます。そこに登場する湯川学って物理学者が真夏の方程式の影響なのか、もう福山雅治しか頭に浮かんでこない。そして、父になる。三度目の殺人。ちょっと影のある福山のキャラは個人的に良いと思います。