★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

北のカナリアたち

イメージ 1


久しぶりに見てみようと思ったのが、確か二回目となるこの作品。それほど大昔の話じゃないんですけどね。吉永小百合が出ているぐらいしか残っておらず、ストーリーはとんと記憶にございません。しかしながら、何かの本でこのタイトルを見たような気がして、それが見返そうと思った一つの理由ですが、調べてみたところ、湊かなえの「往復書簡」と言う短編集にあった二十年後の宿題が原案となっているらしい。一風変わったタッチの短編集は今年になって読んだばかり。したがって随所に記憶とリンクするかのシーンがありましたね。それと同時に、以前見た記憶もおぼろげながら蘇えっても来ました。吉永小百合の気品は書くまでもないですが、二回目となるとそれぞれの人間ドラマが、前回よりも沁み渡って来ていろいろ考えさせられましたね。ストーリーも然ることながら、突如鳴り響くバイオリンの音色も印象的でしたね。

●ちょっとひとこと●

とりあえず復活した寝床のエアコンですが、型番で調べてみたらなんとビックリの94年製。かれこれ25年目と言う代物でした。自分では15年くらいかなと思ってたんですけどね。そこでお役御免とばかりに本日、大手家電量販店に出掛けて新しいのを頼んで来ました。