★気ままに自宅で映画観賞★

  映画の感想+αの話題を綴りたいと思います。

新・極道の妻たち 惚れたら地獄

       f:id:chibigori:20190814234618j:plain

 

どれも何度か見ているこのシリーズ。その中で個人的に一番気に入ってるのは1994年の本作品だと今夜見てより実感致しましたね。哀愁のある曲がオープニングから流れて、これがまた妙に切なく聞こえます。よくある定番の組通しの抗争は、この手の映画のお約束ですから、ドンパチは当然あるものの、それぞれの生き様がうまく描かれていて、感情移入してしまう。徐々に訪れる絶望感が本作品の神髄とも言える部分で、映画に入りすぎるとつい目頭が熱くなってしまうんですよね。キャスティングでは王道の任侠ものとは一線を画すところも否定は出来ませんが、岩下志麻の存在感は相変わらずとして、適役の中条きよしやその女房役のあいはら友子が如何にも悪そうでインパクト大です。中でもそのカッコ良さで魅了してくれるのが世良公則でしょうかね。ラストのシーンは何度見ても痺れます。


●ちょっとひとこと●
お盆休みに入ってから昼飯に何度か一人わびしくカップヌードルを食べたりしてるんですが、そういや2分が美味いんだよねとTVで聞いたような。2分!?って短くないですか。個人的には硬すぎてダメです。最低でも4分。特に今日なんかは台風のニュースをボーっと見てたので6分は軽く経過して・・・。その位でも全然行けましたけどね。