★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

華麗なる週末

          f:id:chibigori:20200125161828j:plain

 

いくらマックイーンと言えど、マイナー感があって尚且つ古い作品となると、吹き替えで見るのはプリウスを街で見かけない程困難かもしれません。機会でもあればとチャンスを伺ってはいたものの、いよいよ痺れを切らして字幕スーパーをレンタル。タイトルはずっと前から知ってはいたんですけどね。ブリットや華麗なる賭けの翌年となる69年に公開となった本作は、時代背景はそれよりもずっと昔で、けっこう古い映画だろうと勝手に思ってました。通りでと妙に合点がいったのは映像のクリアさで、強い風が吹いた翌日のような感じです。主演はジャケットを見れば一目瞭然。ただ、そのマックイーンは今回は渋さも控え目で、一緒に出掛ける少年の良いアシスト役に回った感があるでしょうか。週末の四日間に登る大人の階段。それが華麗なのかは別にして、緊迫感のあるシーンでも気付けば割と穏やかに見てられます。古き良き時代の映画でしたね。

 

●ちょっとひとこと●
花壇を我が物顔で占めていたランタナ。さすがに寒さで勢いも失せたか、だいぶみすぼらしくなって来ました。と同時に春咲の球根もそろそろ芽を出す頃だと、先週末にランタナを撤去いたしました。私の週末は華麗どころかこの程度のもんですが、思った通り取り除いた後にはいくつもの芽が顔を覗かせておりました。今年の春も楽しみですね。