★気ままに自宅で映画観賞★

  mainは映画感想+ちょっとした雑談。subでは小説の真似事も少々。

めがね

          f:id:chibigori:20210223055733j:plain

 

この二時間弱の間に何が伝わって来たんでしょうか。とにかく謎で絶えず?が浮かんでしまうんですよね。2007年公開の本作はタイトルと出演者の関係こそものすごく判りやすいんですが、実はたいして意味が無く、おまけにタイトルが決まったのでメガネを掛けさせたんだとか。もうこの辺だけで内容が掴めないことに合点が行きそうです。以前も似たようなテイストの映画を見たことがあって、確かプールって作品でしたね。それで気になって調べましたら、企画は本作同様、霞澤花子とのこと。やはりどこかで繋がってましたね。頭上に漂う?が功を奏するんですかね。集中と退屈が絶妙に凌ぎを削るんですよ。それで延々と時間が経過していくわけです。ストーリーがあるような無いような例えるなら腰が抜けたうどんをぬるま湯で食べてるような感覚です。でも少し腹が減ってるので完食まで行かなくてもそこそこ食べられたってところ。適度な笑いもあることはあるんですが、微々たる笑い等、不可解という文字に消されてしまいます。

 

f:id:chibigori:20201016064705j:plain  chibigori’s voice●              


以前、韓国の女性ギタリスト朴葵姫(パクキュヒ)のスペインの曲のアルバムを紹介したことがありますが、その後ポチったのはSAUDADEというタイトルのブラジルギター作品集。これは先のアルバムと趣向が違ってしっとりとした曲が聞き所で、いくつかの曲は聞いてるだけで切なくなるような感じです。題名のサウダーヂは郷愁ってくらいですからね。興味のある方はお聞きください。