★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

ワイルド・スピード SKY MISSION

イメージ 1


何十年に一度の大寒波。こういったのはあまり歓迎できませんね。
冬は寒いものだとわかっていても、雪の降らないようなところで
大雪になったりするのも困ったもの。たいした被害が出ないと
良いんですけど・・・・。それにしても今朝は冷えました。

さて、今回の映画は昨日の午後に見た2015年のカー・アクション。
ワイルド・スピード スカイミッション」です。これも見たかった一本。
私にとっては新作扱いです。見たいなんて思ってた割には
今になってしまったのですが、何かが終わってしまう。
そんな気持ちが揺れ動いたのか見るのを少し躊躇してしまった。

イメージ 2

痛快娯楽アクション。こんな言葉で当てはまるでしょうか。
このワイルドスピードシリーズにハマりだしたのは、
トウキョウドリフトの後、つまりはMAXあたりからとなります。
それまではなんとなくボーっと見てたんですけどね。

MAXからはもうグイグイって感じで楽しめる。
実際ありえないだろう。と言う内容ながら同時にこいつらなら
出来るかもと言う気持ちになるから不思議です。
言うなればそれがまた映画の世界なのかもしれませんが。
とにかく見所満載で飽きさせない。

イメージ 3

中でも一番気持ちが高ぶったのが、ドウェイン・ジョンソン演じる
ホブスの部屋で山路和也の声が聞こえてきたときです。もしかして
要るのか。と思ったら出ましたジェイソン・ステイサム。その後の
二人の格闘は、まさに夢の競演と言えるでしょう。

本作ではポール・ウォーカーが他界したため、一部のシーンは
彼2人の弟たちが代役を務めています。本編の最後に出るポールに
捧ぐのメッセージがそれまで楽しめた映画を一転させ、
不意に切ない気持ちにさせます。複雑な思いで目頭が熱くなりました。

WONDERFUL