★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

イメージ 1


休みなのに妙に早い時間に起きてパソコンの前に座っています。
おそらく午後あたりにもう一回寝るんじゃないかと思いますが、
せっかく起きたわけだし、脳みそも多少リフレッシュしてるだろうから
昨夜見た映画をアップしておきましょう。まだ朝はちょっと寒いですね。
と言う事で10年以上使ってるエアコンのスイッチをオンです。

「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」2015年のアメリカ映画です。
ふと思ったのは、もうちょっと日本風に洒落たタイトルでも
良かったんじゃないかって事。よくありますよね。
もう数ドルの為に・・・・が夕陽のガンマンとか。
恋愛ものだったら、ラブストーリー・・・ある愛の詩とか。
全然違うタイトルになってるのになぜかフィットしてカッコいい。

イメージ 2

駅前留学でもしてないとちょっとタイトルは意味不明。
それがまた逆に好奇心をそそる要素になるのかもしれませんが、
個人的には素敵なタイトルを与えても良かったような気もします。
ジャケットから読み取れるのは恋愛映画ってことでしょうか。
それとR15指定になってるので、それなりのシーンがあるのかなと。

その描写などから指定が付いた映画も増えたような気もしますが、
見始めて思ったのは意外と普通の恋愛映画だと言う事。
しかし、時間が経つにつれ予想外の展開になっていく。
意外性と言いましょうか、それがまたダラダラしそうなストーリーを
締めている気がしますね。元はイギリスの官能小説らしいです。

イメージ 3

それにしてもこの女優さん、チャーミングですよ。綺麗だし。
スタイルも素晴らしい。名前はダコタ・ジョンソン
身体を張った演技と言いましょうか。このあたりのシーンだけ見ると
どこかのアダルト映画かと思うかもしれませんが、
その強い性描写でも綺麗に見えるのはさすが。

男女の仲の擦れ違いなどは、映画でも現実でもよくある話で、
ある程度ストーリー展開を想像しつつ見ていたのですが、
煮えるようで煮えない。いっそのこと煮ないで焼くのか。
そんなやきもきした気分のまま、時間が経過していく。
後ろ髪を引かれるような、それでいてちょっと新鮮な映画でした。