★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

ワイルドカード

イメージ 1


このところだいぶ気温も上がり春らしい日が続いております。
一方南風と共に花粉も舞い、花粉症の方には辛い季節と
なっているのではないでしょうか。幸い私は花粉症ではないので、
目が痒いこともなく映画が見られる。ありがたいことです。

寒くなるような日もまだまだありそうですが、
なにはともあれ、冬と言うトンネルを抜けつつある気配を感じます。
ほとんど外仕事なので、上着が一枚脱げるだけで、
身体も心も軽くなっていく。暑い夏になるとまた話は変わりますが・・・。

イメージ 2

三月に入って一発目の映画はお気に入り俳優の登場。
ジェイソン・ステイサム主演、2015年の「ワイルドカード」です。
ビッグヒートと言う映画のリメイクだそうですが、そもそもその映画を
知りませんし、リメイクと言うのも後で知った情報。
一言でジェイソンステイサムを堪能できる映画でしょうかね。

渋くてカッコいい。それに声優の山路和弘がまたハマってます。
もうこの声無くしてジェイソンは見られないって感じでしょうか。
映画自体はそれほどスケール感があるわけでもなし、
何千万のセットをぶっ飛ばすような派手さもありません。

イメージ 3

もちろんジェイソンならではの格闘シーンなどはありますが、
それよりも裏社会のような独特の雰囲気と言うのか、
それを感じさせるような映像はちょっと
おしゃれな雰囲気も感じさせてくれます。

1985年の小説、Heatを映画化したクライムスリラーで、
元特殊部隊のエリート兵士だったニック・ワイルドが主人公。
単純明快と言ったアクションではないので、素直に楽しめない部分も。
面白かったのか、つまらなかったのか。返答に困る映画ですね。