★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

激突!殺人拳

イメージ 1


車を乗り換えるにあたり目下の悩みの種と言えば、車内で聞く音楽です。
現在の車にはHDD付きのナビが付いてるのですが、これには約200枚
程度のアルバムが取り込んであって、現時点ではこれを次の車に付ける
予定もスペースもない。純正のナビは付いてるんですけどね。困りました。

パソコンのようにHDD間のデータ移行でも出来れば話も早いのですが、
生憎次期愛車の方はHDDは無し。もちろん純正のナビを外して空いた
ところに今のナビを付ける選択もあるわけですが、諸々の事情などにより
そのプランはボツ。とりあえず手元に来たらじっくりと考えたいと思います。

イメージ 2

午前中に見た映画は1974年の「激突!殺人拳」です。殺人拳シリーズの
第一作目で、主演はサニー千葉こと千葉真一。この映画は日本だけでなく
海外でも大ヒットし海外でサニー千葉として知名度を上げた作品でもある。
とは言え、レンタルではなかなかお目に掛かれず、これもお取り寄せです。

キアヌ・リーブスがアクションと芝居はこれから学んだと語っているほどで、
他にもタランティーノやリュ・スンワンも千葉の熱狂的なファンだそうです。そう考えるとこの作品が世界に与えた影響たるや、計り知れないものが
あるような気がしますね。それがまたレンタルにないと言うのも驚きです。

イメージ 3

さらにあのブルース・リーも千葉の大ファンだったそうですが、ハリウッドの
映画会社であるニュー・ライン・シネマは本作を見た際に、ブルース・リー
以上だと評して興行権を買い取ったのだとか。鍛え上げた体と焼けた肌。
そして獲物を狙うかの目からはただならぬオーラが発せられていますね。

弟の千葉治朗も久しぶりに見ました。さらにはジャパンアクションクラブ
輩出した女優、志穂美悦子も登場。パンチラなど気にもせずに回し蹴り。
さすがアクション女優、お見事です。マンガチックに思える演出も今では
どこか笑えますが、エンディングなどは笑うどころかお口あんぐりですよ。