★気ままに自宅で映画観賞★

  映画感想+ちょっとした一言=気の向くままに綴っております。

エネミー・ライン2 -北朝鮮への潜入-

イメージ 1


アメリカ本土に到達可能とされる三段式のICBMに搭載されるのは核弾頭であると推測される。久々に見るこの映画は去年あたりに放映されたのではないかと思われるほどのリアリティが存在しています。サブタイトルからも判る通り舞台は北朝鮮。どこで撮影したのかまでは不明ですが、そのベールに包まれた国をモノトーンに近い色合いで怪しげに表現しています。それなりの緊迫感はあるものの、撮影のスピードを時折変えたりする当時の流行の手法なのか、やや見辛い部分もあったりして個人的にはそれが悔やまれます。ただ、見たのは十年以上前になると思うので、初めて見たような新鮮さがあって、1ほどではないにしても出来栄えはまずますで楽しめます。それでも核問題が宙吊りになっている今は妙な現実味がこの映画から伝わって来るのか、ちょっと複雑な思いがして楽しさ半分ってところでしょうかね。

●ちょっとひとこと●

ラインナップから消えたと思ったボディソープがネットには存在するようです。ただ、ポストには入らんし、不在で再配達じゃ申し訳ないし、そもそもお高いと頼むほどの理由が見つからず。やっぱし普段使う日用品はササッと手軽に買える物がいいな~と思いますね。