★気ままに自宅で映画観賞★

    映画の感想+αの話題を気ままに綴りたいと思います。

ヅラ刑事

          f:id:chibigori:20190816110606j:plain

 

サバイバルを見てふと頭に浮かんだ作品を引っ張り出しました。前回見たのはかれこれ十年以上前になりますかね。一言でナンセンス。と、いわゆる箸休め的な映画なんですが、時を経て試聴してみれば、つい笑ってしまうくだらなさが良かったりもします。2006年の公開時には窓口でヅラを全部外したら無料になるキャンペーンを行ったとか。何人それをやったのかは定かでないにしても、粋な割引もあるもんです。主演はモト冬木。オープニングの主題歌も彼が歌っています。タイトルは、悲しみはヅラで飛ばせ。であります。この歌、途中でも流れるのですが、なんとフルコーラス。おまけにカラオケのように文字がちゃんと出るから笑える。他の出演者も個性あふれる面々。とは言え、刑事部長はアウトレイジにも出た中野英雄ですから、本格演技も存在していて、この辺の噛みあわせの悪さも見所かもしれませんね。肩の力を抜いて見られますよ。


●ちょっとひとこと●
それほど厚みはないものの、先日読み終わった蒼林堂古書店へようこそは少々時間を要しました。短編で構成されてる乾くるみの小説なんですが、全体で見ると一つの話になるような感じで、ストーリーの中や短編の終りごとにミステリの本を紹介する。一風変わった雰囲気がある。根っからのミステリマニアならば、もっと楽しめるはずですが。