★気ままに自宅で映画観賞★

  映画感想+ちょっとした一言=気の向くままに綴っております。

アウェイク

イメージ 1


こじんまりした大きさのものですが、庭にサツキが植えてありまして、
レイアウトとか日当たりとかで何度か(何年かかけて)移動しました。
最終的には鉢よりちょっと広い程度の花壇に移したわけですが、
いずれのケースも思ったように花が咲かない。

もう少ししたら咲くかもしれない。そんな雰囲気こそあるのですが、
ある時今度は虫に食われたのか、葉っぱが哀れな状態に。
このまま放置していたら間違いなく終わる。と、ダメ元で今度は
大きい花壇に去年移動したところ、今年は20個くらい花を咲かせた。

イメージ 2

地植えの植物は基本みんな元気なので土とも考えにくい。
それなりに肥料もやってるし。緑色の新しい葉が出てきたときには
ホッとしましたね。おっと、この話で半分使ってしまいましたね。
午後に見たのは「アウェイク」2011年日本公開のアメリカ映画です。

棚にあったのをなんとなく手に取った作品で、あらすじも読んでないので
まったく内容は知らず。分かってるのは外国映画だということ。
これも言うなれば毎度のことです。主人公はヘイデン・クリステンセン
スター・ウォーズのシリーズに出たイケメン俳優です。彫が深いですね。

イメージ 3

感想一つでもネタバレに繋がるような映画はちょっと難儀しますね。
余分な知識は持たずに見てほしい。しいて書くならその展開。
ハラハラ・ドキドキのところにさらに追い打ちをかける。スリリングです。
ちなみにジャンルはサスペンス・スリラーとなります。

時間は84分と短いと思ったゼロ・グラビティよりもさらに短い。
大がかりな映画でもないのでドラマスペシャルくらいの感覚でしょうか。
ただし、内容は上記の映画同様に引きつけるものがあります。
さらっと見れる時間の割には楽しめる一本かもしれませんね。