★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

ヴィジット

イメージ 1


年に一度の健康診断の他にやっていることと言えば、月一の体重測定。
健康管理などと書けば体裁も良いのですが、実際のところは体重の推移を
見ているだけでたいした理由はありません。その体重はと言うと、秘密!
女子か!?と、思わず突っ込まれそうですが、ついでに体脂肪も計ってます。

使ってるのは健康を計るタニタの体重計で、ある時体脂肪も計れることを
知り、どこまで正確なのかは判らないですが、参考程度にはなるだろうと、
計測しております。ちなみに体脂肪は14~16%くらいで、ブタの体脂肪が
15%と言われてるので概ねブタですね。ただしシロクマになると要注意。

イメージ 2

一見、健康にはうるさそうな私ですが、金曜日頃から熱っぽいうえに鼻が
ズルズルして、どうやら風邪を引いたようです。映画を見るのには支障は
それほどありませんが、集中力は今一つ出ませんね。そんな状況で見た
映画が、2015年公開の「ヴィジット」で、アメリカのホラー作品になります。

シングルマザーに育てられている15歳の姉ベッカと13歳の弟タイラーは、
祖父母から休暇を利用して遊びに来ないかとの誘いを受ける。ジャンルは
判らずに借りた作品ので、オープニングからの展開はなんとなく退屈にも
感じられました。これには実はストーリー云々以外の理由があるのです。

イメージ 3

それが全編とも言えるホームビデオ風の映像で、以前見てイラッとなった、クローバー・フィールドを思わせるからに他ならない。多少の時間でしたら
まだしも、延々とやられると作品の展開にも悪影響を与えます。そもそも
映画とは異なる臨場感を出そうと言う狙いは理解しても、くどすぎますね。

超熱血の報道カメラマンなら話は別でしょうが、極限にも似た状況の中で、
子供がそこまでカメラに執着するかと疑問符が付く。途中から後半に
掛けてストーリー展開も面白くなってきたので残念ですね。一部カメラで、
あとは普通に見せて欲しかった。子供たちの声も少々耳に付きましたね。