★気ままに自宅で映画観賞★

     気ままに見た映画の感想+αを綴っております。

ウォーリー

          f:id:chibigori:20200119051950j:plain

 

愛らしいキャラです。一発で好きになってしまいました。それがゴミの山と化した約800年後の地球で、一人そのゴミを黙々と片付けているロボット。この場合一人と表現するのもどうかと思いますが、見ているうちにそう思えて来るから不思議。とにかく健気で几帳面。それでいて最新のAIも真っ青な感情を有している。おもわず女子のようにカワイイ~!と叫びたくなります。実際問題初めて見た時はそう言葉を発したかもしれませんね。何と言っても後にリモコンで動くこのロボットを購入したくらいですから。現在はゴミ片付けをすることも無く、玄関の靴箱の上に鎮座しておりますよ。08年の本作品も久しぶりですね。子供が喰い付きの良いように、前半はほとんどセリフも無く、じっと見て考えさせる。言うなればピングーを思わせる手法です。そして忘れてならないのはもう一体のロボット。このやり取りがなんとも微笑ましくキュンとさせられる。

 

●ちょっとひとこと●
映画も時代に乗り遅れてる私ですが、音楽も然り。もっとも最近の音楽はCDを購入させるほど魅力を感じるものがほとんどなく、専ら聞いてるのは一昔も二昔も前のものですが、最近ちょっと耳に心地よく聞こえるものがあって、中古でCDを購入。それが米津玄師のLemon。歌詞はともかくちょっとブリティッシュロックの雰囲気が良いです。